ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“みかんの花酵母”を使った『はなきんぶろんど』を試飲してみた! |ビール女子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年夏に農大花酵母を使った、なんとも夢のある花酵母ビール「はなきんせぞん」を発売し、ビール女子編集部をざわつかせた伊勢角屋麦酒ですが、今年は春に向け同シリーズの第 3 弾! “みかんの花酵母” を使った『はなきんぶろんど』が発売されました。ということで、さっそくビール女子リポーターなな瀬が試飲してみました!

農大花酵母とは?

東京農業大学短期大学部醸造学科の酒類学研究室が、日本のなでしこやタンポポなど 20 種類以上の花から採取し分離した酵母。 2015 年に「はなきんせぞん」に使用されるまでは、この酵母を使用して清酒・焼酎を醸したいという農大卒業生を中心とした、全国の日本酒蔵元らでつくる「花酵母研究会」( 2003 年設立/ 30 蔵元)だけで日本酒や焼酎などに使用されてきた。

大反響だった第 1 ・ 2 弾

2015 年 8 月 7 日(花の日)に発売された、第 1 弾「はなきんせぞん」樽生は案内後即完売。ボトルの方も発売から 2 週間で完売しました。続いて、同年 11 月 19 日(ボジョレーヌーボー解禁日)発売の第 2 弾「はなきんるーじゅ」はテレビにも取り上げられ、放映後 2 日で完売。花の酵母から造られたと聞いたら飲んでみたいですもんね!

女性ブルワーによるレシピ

さすが女性が開発した商品。小さなうさぎがみかんを持って、とても可愛らしいパッケージですね♡ まだ寒い日が続く発売のタイミングに合わせ、「日本の冬といえば… こたつでみかん! 」というイメージから今回選ばれた酵母が “みかんの花酵母” でした。この花酵母は、オレンジやグレープフルーツのようなシャープで力強いニュアンスとは少し異なる、やわらかな柑橘の香りを放ち、果実感のあるフレッシュな酸味を醸し出すのが特徴。その特徴を生かすために、ブロンドエール( *2 )というビアスタイルが選ばれました。

*2 :淡い金色の色合いで、すっきりとしたドライな口当たりと、ほのかな麦芽の甘みをもち、苦みは控えめな、度数 4 ~ 5% のビール(日本地ビール協会「ビアスタイルガイドライン」より)

春を運ぶフレッシュな味わい

みかんの花酵母に 3 種類のホップが使用されたアロマは、パッションフルーツや新緑を思わせるフルーティーで爽やかな香りです。味わいもフレッシュで瑞々しく、これからの季節によく似合う一杯です。パイナップルのような酸味に、グレープフルーツピールに似たすっきりとした苦味があります。液色もきらきらのゴールドで、爽快な喉ごしの心躍るような華やかなブロンドエール。これから暖かくなったら、ピクニックに連れて行きたいビールですね♪

直営店かネットで購入

こちらのビールは直営店(伊勢角屋麦酒・麦酒蔵、伊勢角屋麦酒・外宮前店、オンラインショップ)ほか、伊勢志摩の飲食宿泊施設・土産物販売店や、東京・大阪でクラフトビールを取り扱う酒屋などでも購入できます。数量限定( 330ml ビン × 1000 本)のため、売切れ次第販売終了になります。また、今後も女性ブルワーである金澤さんによるレシピで、農大花酵母の他の酵母(さくら、カーネーション、つるばらなど)を使い、醸造販売していく予定とのこと! 種類の違う花の酵母によって、どのような個性が生まれるんでしょうか? 楽しみですね! 気になった方は、売り切れる前に一度試してみては?

【概要】

『はなきんぶろんど』

〇発売日: 2016 年 2 月 5 日(※限定醸造)

〇品目:ビール

〇原材料:麦芽、ホップ

〇アルコール度数: 5%

〇 IBU (苦味の単位): 20

〇賞味期限:充填日より 6 ヶ月

〇購入: http://www.biyagura.jp/item-hana-blonde.shtml

※店舗でも購入可:三重県伊勢市神久6-428 伊勢角屋麦酒 1 階(※ 10:00 ~ 17:30 )

伊勢角屋麦酒ホームページ: http://www.biyagura.jp/

カテゴリー : グルメ タグ :
ビール女子の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP