ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清原覚せい剤事件で再び議論に 芸能界は薬物に甘いのか? 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の“処遇”をめぐり、さまざまな意見が飛び交っている。

 2月7日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、司会の爆笑問題・太田光(50)とテリー伊藤(66)らが清原の更生を期待する話をしている中で、元国会議員でタレントの杉村太蔵(36)が割って入り、「更生の話は完全に時期尚早」と反論。一般企業ならすぐに解雇されるところを、日本野球機構(NPB)が「永久追放」と言わないことに疑問を呈した。

 太田から「更生するなっていうわけ?」と反論され、テリー伊藤からも「永久追放したら清原の行き場所どうすんだよ」と言われるなどスタジオでは完全に劣勢に立たされた杉村だったが、ネット上では杉村を支持する声が圧倒的に多い。このギャップこそが、芸能人と一般人の意識の差のあらわれなのだろうか。

 これまで薬物問題を起こした俳優やミュージシャンらが何度捕まっても復帰を果たしていることから、「芸能界は甘い」という指摘は以前からあった。

 ASKAが覚せい剤取締法違反で逮捕された際には、和田アキ子がテレビ番組で「皆が皆、復帰すると思わんといてほしい。芸能人が皆やっていると思われるのも嫌やもんね。(芸能界は)甘いと思われると困る」と語っている。そうした発言が出るのも、過去、薬物事件で捕まりながらも芸能界復帰している人が多いからだろう。

「過去にさかのぼれば、薬物事件で有罪になったタレントやミュージシャンは、こんなにもいるのかと驚くほどいます。更正はすべきですが、クスリで捕まっても復帰の道がある、という環境は薬物犯罪の抑止にならないでしょう。ただ、最近はスポンサーや視聴者の目も厳しくなってきており、薬物で有罪になった芸能人が地上派のテレビ局の番組にすぐに復帰できるか、というと難しくなっているのも事実です」(スポーツ紙芸能担当記者)

 では、サンジャポで出た清原の野球界「永久追放」は妥当と言えるのか。薬物問題に詳しい弁護士の小森榮さんはこう語る。

「永久追放が妥当かどうかは、野球賭博との比較になると思います。野球賭博は昨年の巨人の投手のケースでは、野球協約により永久追放となりましたが、それより悪いことか、悪くないことか。球界の人たちが考えることだと思いますが」

 刑の重さでいえば、賭博(常習だと3年以下の懲役)より、覚せい剤所持(10年以下の懲役)ほうが重い。青少年への影響など考慮すべきことは他にもたくさんあるが、それでも薬物使用者への対応が甘い感は否めない。これでは芸能・スポーツ界の違反者はなかなか減らないのではないだろうか。

 芸能界では、身体検査を厳しく行う動きも出始めている。爆笑問題の元マネジャーが覚せい剤事件で逮捕されたこともある芸能事務所「タイタン」では、所属タレントや社員の抜き打ちの薬物検査を実施しているという。しかしこうした取り組みは一部にとどまる。

 更生に関して、簡単に復帰できるといわれる芸能界と比べて、一般のケースはどうなのだろうか。

「家族の懸命の支えや『ダルク』など支援団体のサポートを受けて薬物依存から脱却した人たちは、友人などに仕事を紹介してもらうなどして再就職します。ただ、ゼロからのスタートなので捕まる前よりも仕事は大変です。新しい職場に馴染めず苦しんでいる時に、昔付き合いのあった売人から携帯に連絡があって、再び薬物に手を染めてしまう人もいます」(前出・小森さん)

 更正できるかどうかは本人次第であることは芸能界も一般社会も同じだ。薬物に手を出した芸能人が再び芸能界に戻っても同じ行為を繰り返せば、ファンからはそっぽを向かれやがて淘汰されていく。

 清原は現役時代から薬物に手を出していたといわれており、断ち切るのはそう簡単なことではないだろう。今後、起訴され、裁判で有罪判決となれば罪を償っていかなければならなくなる。杉村が言うように、更正の話をするのはそれからでも遅くはないはずだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
芸能界に「麻薬逮捕者互助会」存在 逮捕後の方が売れる説も
華原朋美 夏の救急搬送騒動でわかった「芸能界復帰」計画
酒井法子 「恩人」の死で芸能活動復帰計画白紙の可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。