体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テキーラだけじゃない!おすすめのメキシコお土産15選

Photo credit: Naoya Hata「混沌と遺跡とカリブ海のメキシコ」

Photo credit: Naoya Hata「混沌と遺跡とカリブ海のメキシコ」

こんにちは。TRiPORTライターのOkkAです。
メキシコというと大きなつばの帽子を被った陽気なメキシコ人、お酒はウォッカ、食べ物は辛いものが多い。そんなイメージが強いのではないでしょうか?
今回はそんなイメージ通りの王道なものからイメージにはなかったかわいらしい雑貨やお酒、食べ物を紹介します。後半はお土産を買うのにおすすめのお店情報を載せていますので、合わせてご覧ください。

<民芸品>

1. アニマリート

animalito

出典:La Primera

かわいらしくて少しユニーク。そんなゆるキャラのような動物のぬいぐるみ達がこのアニマリートです。日本でも徐々に人気が出てきています。カラフルな色使いに少し不格好な容姿は一目惚れしてしまいますよ。
アニマリートはチアパス州の先住民の人たちの手作りなので一点物です。気に入ったアニマリートが見つかったなら買っちゃいましょう! 値段は幅がありますが、安いものなら数百円からあるので気軽に買いやすいです。子供や女性へのお土産にもってこいです。

2. ブラウス=ウイピル

Photo credit: Thelmadatter (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Thelmadatter (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

メキシコ刺繍で作られたメキシコの先住民女性が着ている民族衣装の1つです。ゆったりしているので着心地も抜群です! 地域によって微妙に織りや刺繍の種類が違っていて、オアハカ州で作られたものが特に有名です。刺繍のデザインや細かさによって値段もかなり違い、安いものなら1000円前後から高いものだと1万円を超えるものもあります。
服の他にもバッグやクロスもあるので、コーディネートしてプレゼントするのも良いかもしれませんね。

3. 動物の木彫人形

"Barro negro de San Bartolo Coyotepec (39" (CC) by  @eduardorobles 

メキシコには各地に陶芸の手法があります。
青色が映える装飾と繊細なデザインが特徴であるグアナファト州のセルビン焼き。ブルー、グリーン、ブラウンなどの色を使い、手描きの絵付けが可愛らしいハリスコ州のトナラ焼き。細かなデザインと叩いたときに金属音のような音が鳴るくらいに硬く焼いたプエブラ州のタラベラ焼き。真っ黒な泥を着色せずに焼くオアハカ州のバロネグロなど様々です。
陶芸品を選ぶ際はどのような手法が使われているか気にして買ってみてはいかがでしょうか。

5. ソンブレロ(つばのある帽子)

Photo credit: Keiko Kimoto「From San Diego to Tijuana!! アメリカから歩いて国境を越える」

Photo credit: Keiko Kimoto「From San Diego to Tijuana!! アメリカから歩いて国境を越える」

日本でメキシコをイメージしたキャラクターが必ずと言っていいほど被っている帽子がソンブレロです。強い日差しから顔、首筋、肩を守るためにつばが広くなっています。材質は麦わら製、ウール製の物から高級品になるとフェルト製になり刺繍や飾り付けがされた物もあります。
またメキシコには男性の正装にグアジャベラという開襟シャツがあり、ソンブレロと合わせてコーディネートすることもあります。

6. マゲイバッグ

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。