ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天使なビヨンセ。白レースでグラミーへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テイラー・スウィフトが女性初となる2度目のAlbum of the Year(アルバム・オブ・ザ・イヤー)を獲得したり、レディ・ガガがデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンスを行ったりと、今年も話題満載だったグラミー賞授賞式。
そんな授賞式に、もうひとり注目したい人物がいました。受賞者としてではなく、プレゼンターとして会場に現れた歌姫・ビヨンセです。

Beyoncéさん(@beyonce)が投稿した写真 – 2016 2月 16 10:44午前 PST

彼女が纏っていたのは、繊細な刺繍が施されていながらも、大胆なスリットが入ったゴージャスなマキシドレス。イスラエルのウェディングドレスデザイナーが手掛ける「Inbal Dror」の、2016年秋のニューヨークコレクションの一着です。
「Hollywood Life」で、「まるで天使のようだった」と例えられたその姿は、会場でもひと際目立っていました。
史上最もグラミー賞を獲得した女性アーティストであるビヨンセ。彼女自身の魅力もさることながら、ゴージャスなドレスが歌姫の存在感をより引き立たせていました。
足元に合わせたのは、「セルジオ ロッシ」の「イネス」サンダル。

華奢なストラップとスティレットヒールで、匂いたつような女性の色気を演出しており、グラマラスなビヨンセにぴったりです。
先日のスーパーボウルでは新曲「Formation」を披露し、さらに世界ツアーを発表したビヨンセ。今年もたくさんの話題を振りまいてくれそうです。
[Hollywood Life,EONLINE,Daily Mail]
image by gettyimages
文/編集部・近藤うらら


(グリッティ)記事関連リンク
・激しい運動は不要! 「ムダイエット」でかしこくヤセる
・髪がベタつく。東京女子は過酷な頭皮環境にいるの #オネエ調べ
・男性を虜にできる、ゲイボーイのテク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP