ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倉木麻衣、日本ユースリーダー協会による第7回若者力大賞を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

公益財団法人日本ユースリーダー協会による第7回若者力大賞表彰式が行われ、倉木麻衣が音楽活動と並行して東日本大震災の被災地でミニライブを開催するなど復興を支援し、またカンボジアで寺子屋設立や運営の支援を行うなどカンボジアの教育に貢献している活動が評価され選出された。

若者力大賞とは、社会をより良くするために活躍する若者や団体を表彰することにより社会全体で若者を応援し、その活動の大切さを社会に広めるための賞で、ユースリーダー賞、ユースリーダー支援賞・個人部門、ユースリーダー支援賞・団体部門〉の各賞を受賞した。

倉木麻衣受賞スピーチ
「カンボジアは観光地として、また日本からの支援国として話は聞いたことがありましたが、実際に現地に行ってみた時のカルチャーショックは言葉で言い尽くせないほどのものでした。途上国の現実を目の当たりにして、私にできることを考えるだけではなく、行動していこうと強く心に決めました。
そして2014年のカンボジアの訪問時、私は公益社団法人日本ユネスコ協会連盟さんが行っている世界寺子屋運動で設立された寺子屋で、初となる音楽の授業を行いました。授業の最後にカンボジアと日本の国旗に“自分の夢”を書いてもらいました。その場で「歌手になりたい」「ミュージシャンになりたい」と書いた子供達がいました。音楽を知らなかった子供たちの中に将来の新たな“夢”が増えたということです。とても感動的な出来事でした。私は “音楽”の楽しさ、喜び、そして音楽からひとつになる和の大切さを知ってもらうことで、カンボジアの子供たちに何かを伝えることができたのではないかと思っています。
前回のカンボジア訪問から、私は「倉木麻衣 みんなでカンボジアに寺子屋を建てようプロジェクト」を立ち上げました。新たな寺子屋建設と運営の資金を集めるために、チャリティやコラボレーション、私のグッズのオークション販売、「ネット募金」というシステムを使わせてもらったり、様々な方法を使ってこのプロジェクトの展開をしてきました。
様々な形で募金活動を展開することにより、このプロジェクトを知ってもらうきっかけが増え、それはカンボジアの現状やそこで何かをしようとしている人たち、よりよい社会をつくろうとしている人たちを知ってもらうきっかけを作ることができる。それが、今回立ち上げたプロジェクトのもうひとつのテーマなのです。
どんな環境にあっても“学びたい”と目を輝かせる子供たちが、寺子屋で多くのことを学び、成長していく姿を、ご支援いただいている皆さんと一緒に、これからも見守っていけたらと思っています。」

積極的な音楽活動ばかりでなく、平行して行われている彼女のライフワークとしての社会活動にも注目が集まっている。
近々2度目のカンボジア訪問の予定があるという。新たにできた寺子屋での音楽の授業など、今後の活動報告にも期待したい。

第7回若者力大賞 開催報告
http://www.youthleader.or.jp/%E8%8B%A5%E8%80%85%E5%8A%9B%E5%A4%A7%E8%B3%9E/%E7%AC%AC%EF%BC%97%E5%9B%9E%E8%8B%A5%E8%80%85%E5%8A%9B%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E8%A1%A8%E5%BD%B0%E5%BC%8F%E5%A0%B1%E5%91%8A/

関連リンク

■倉木麻衣 Official Sitehttp://www.mai-kuraki.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP