ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

角松敏生、35周年記念リテイクアルバム「SEA BREEZE 2016」ヴィジュアル公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

角松敏生の3月16日に発売される35周年記念リテイクアルバム「SEA BREEZE 2016」のジャケット、アーティスト写真及びボーナストラックの内容が明らかになった。

リテイクアルバム「SEA BREEZE 2016」は、アナログマルチマスターテープを完全にデジタルアーカイブすることに成功し、当時の豪華ミュージシャン、ドラム村上“ポンタ”秀一、パーカッション斉藤ノブ、ギター鈴木茂、ベース後藤次利などベテランを始め、パラシュート、佐藤準、ジェイク・コンセプション、EPO、浦田圭司等のバックトラックを音量、音質など含め再構築。そして歌、それに付随する各種コーラスパートを角松自身が再レコーディング。「未熟で嫌で仕方なかった歌を今のスキルでやり直せるという事が本当に刺激的で、楽しかった」と語っている。

今作のジャケットは、ベースはデビュー当時の写真そのままに、角松が「当時こう表現したかった」という色合いに修正され「SEA BREEZE 2016」のジャケットとして生まれ変わった。ブックレット中面及びアーティスト写真はデビュー当時81年の撮影場所、神奈川県・葉山のLA MARÉE DE CHAYAにて撮影された。店舗は現在改装中だが3月下旬に再びオープンするとのこと。

初回盤のボーナストラックには、未発表音源「Last Summer Station」が収録される。この楽曲は、角松が17歳当時、覚えたてのジャズコードを使ってボサノバライクな曲に挑戦しようと試みた曲だったという。レコーディングもすべて終了し、いわゆる完パケの状態だったが、アルバムの収録時間が長く、レコード音質が悪くなってしまうという問題により、この曲が収録曲から外された。しかし今回35年の時を越え、この「Last Summer Station」に新たな歌の息吹を吹き込み収録することになった。

さらに初回盤は、世界初のマスター型レーザーターンテーブル(集光された光が表面の信号起伏を読み取る機械)で当時の「SEA BREEZE」の未使用アナログLPを読み取り、レコードの良さを最大限に引き出したリマスタリング盤CDとの2枚組として発売される。マスター型レーザーターンテーブルを使用したCD発売は世界初の試みとなる。

リリース情報

アルバム「SEA BREEZE 2016」
2016年3月16日(水)発売
【初回生産限定盤(CD2枚組)】BVCL-707/8 3,700円+税
【通常盤】BVCL-709 2,800円+税

初回生産限定盤 収録内容
DISC1
1. Dancing Shower
2. Elena
3. Summer Babe
4. Surf Break
5. YOKOHAMA Twilight Time
6. City Nights
7. Still I’m In Love With You
8. Wave
Bonus Track
9. Last Summer Station
※当時の音源をベースに、ヴォーカルを差し替えたリテイク。ボートラとしてオリジナルアルバムに未収録だった未発表楽曲を収録。

DISC2
1. Dancing Shower
2. Elena
3. Summer Babe
4. Surf Break
5. YOKOHAMA Twilight Time
6. City Nights
7. Still I’m In Love With You
8. Wave
※当時のアナログ盤をレーザーターンテーブルでアーカイブ、リマスター。
レーザーターンテーブルの詳細はこちら:http://www.laserturntable.co.jp/turntable/

通常盤 収録内容
DISC1
1. Dancing Shower
2. Elena
3. Summer Babe
4. Surf Break
5. YOKOHAMA Twilight Time
6. City Nights
7. Still I’m In Love With You
8. Wave
※当時の音源をベースに、ヴォーカルを差し替え、リテイク。

関連リンク

角松敏生 オフィシャルPCサイトhttp://www.toshiki-kadomatsu.jp/
角松敏生 オフィシャルファンクラブhttp://bic-fc.jp/
角松敏生 オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/kadomatsu_info
角松敏生 アリオラジャパン・オフィシャルサイトhttp://www.kadomatsu.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP