ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界3大映画祭を制覇したナンニ・モレッティ監督、最新作『母よ、』3月公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界3大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)を制覇したイタリアの巨匠ナンニ・モレッティ監督の最新作『母よ、』が、3月12日より全国で公開される。

 モレッティ監督の4年ぶりとなる本作は、仕事に生きてきた娘と余命僅かの母親の交流を中心に家族の絆を描いたヒューマンドラマ。2015年カンヌ映画祭コンペディション部門エキュメニカル審査員賞受賞、さらに仏カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2015年映画第1位に選出された。監督のその独特のユーモアも健在でありながら、一番の特徴は本作が監督自身の自叙伝的映画となったことだろう。主人公の役柄でもある女性映画監督に自身の監督としての姿を重ね、さらに『ローマ法王の休日』撮影中に自身の母親を亡くした経験が反映された本作は、物語が進むうちにそのリアルな描写に心が締め付けられながら、静かな感動が広がる作品となっている。

 本作は、3月12日にBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー。

◎公開情報 『母よ、』
3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー
監督:ナンニ・モレッティ『息子の部屋』『ローマ法王の休日』
出演:マルゲリータ・ブイ『はじまりは五つ星ホテルから』『夫婦の危機』、ジョン・タトゥーロ『ジゴロ・イン・ニューヨーク』『ビッグ・リボウスキ』、ナンニ・モレッティ
配給:キノフィルムズ

(C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015

関連記事リンク(外部サイト)

二宮和也、深津絵里が“キネ旬”主演賞を受賞 嵐メンバ-の反応は「みんな結構ク-ルでした」
広瀬すず“キネ旬”新人女優賞を受賞 「お姉ちゃんたちとの出会いが大きかった」
「とと姉ちゃん」に唐沢寿明、及川光博、山口智充、伊藤淳史が出演 ヒロイン高畑充希「幸せな逆ハ-レム」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP