体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どんな食材でも激ウマなタイ料理風にしてしまう“魔法の調味料”の作り方【料理解析】

どんな食材でも激ウマなタイ料理風にしてしまう“魔法の調味料”の作り方【料理解析】

f:id:Meshi2_IB:20151029213103j:plain

「クルワンプルーン」という魔法

去年の結婚記念日に我々夫婦は横浜日ノ出町にあるディープなタイ料理屋さんで泥酔しておりました。

「ダハハ〜 このタレっていうかソースていうかこの調味料、おいひ〜よねぇ〜」と私。

「おいひ〜 あははは〜」と我が妻。

「これって、どんな食べ物にふりかけてもタイ料理風になっちゃうかもねぇ〜」

「なっちゃうなっちゃう!」

「真似できるかなぁ〜はは」

「出来る! もぉアタシの手にかかれば完璧ダぁ!」

……バカ夫婦です。

そして横浜から帰ってしばらくして、おもむろに食卓にコレが登場いたしました。

無くしかけていた記憶の通りの2種類の液体調味料がちゃんとあります。

そして、いつからかこの調味料は我が家の定番となったのです。

f:id:Meshi2_IB:20151029213105j:plain

ちなみにこれは作った当初、食卓に並べた姿(拡大図)。

そして今回あらためて作った

f:id:Meshi2_IB:20151029213106j:plain

Theかけるとどんな食材でもタイ料理風になっちゃう魔法の調味料」(我が家比)です。

タイ料理店のテーブルには大概置いてある調味料セットで、名前を「クルワンプルーン」というのがあります。

基本は砂糖と粉唐辛子、そしてプリックナンプラーとプリックナムソムという液体調味料で計4種類ぐらい。これらをお好みで料理にふりかけて食べます。

妻が真似して作ってくれたのはこの中の「プリックナンプラー」「プリックナムソム」です。

ザックリと言って、プリックナンプラーは唐辛子ナンプラーでプリックナムソムは唐辛子酢。

まずは作ろう

作り方は超簡単で、この2種類の調味料にパクチーやライム等を揃えれば、ある程度の料理はお手軽にタイ料理風に早変わりしてしまいます。信じて下さい。

「今日はタイ料理が食べたい! だけど食べに行くのも、もちろん作るのも面倒くさい!」という時に、簡単にタイフェスティバルが開催出来ます。一人でもフィーバー出来ます。本当です。私はたまに一人でお留守番の時に開催します。その時はキッチンで飲みながらこの調味料を傍らに用意し、好きなモノを料理しながら食べるという行為におよびます。

f:id:Meshi2_IB:20151029213107j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。