ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の「点字スマートウォッチ」を韓国のベンチャー企業が開発、MWC 2016に出展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国のスタートアップが世界初となる点字を表示できるスマートウォッチ「Braille Smartwatch」を開発し、MWC 2016 イベントで展示することを明らかにしました。Braille Smartwatch は SK テレコムのベンチャープロジェクトに參加した Dot Inc が開発したスマートウォッチです。Braille Smartwatch では、ウォッチフェイスに 30 ピンの点字ディスプレイが内蔵されており、時刻を点字で表示することのほか、スマートフォンで受信した SMS やメールなどのテキストメッセージを点字化して伝えることができるとされています。目の不自由な方におけるスマートフォンやスマートウォッチの情報取得はテキスト読み上げを利用することが主流ですが、個人情報なども読み上げられるのでプライバシー保護の観点で問題がありました。点字で表示したとしても、ディスプレイ上に情報が表示されることには変わりありませんが、手で隠しながら確認できるのでプライバシー情報の漏洩を期待できます。そもそも点字を学んだことのない人は点字を読めないので多くの場合は見られても問題ないでしょう。

■関連記事
NVIDIA、SHIELD / SHIELD Tablet向けにVulkanをサポートしたプレビュー版OSを配信開始、アップデートを近々実施へ
I-O Data、Androidでも使える2系統のテレビチューナー「テレキング(GV-NTX2)」を発表
米国のB&H、BlackBerry Priv用のキックスタンド付きスライドケースの予約受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP