ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Khronos、新グラフィックスAPI 「Vulkan 1.0」のリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Khronos Working Group は 2 月 16 日(現地時間)、モバイルデバイス向けの新たなグラフィックス API「Vulkan 1.0」のリリースを発表しました。 Vulkan は、Khronos Group が 2015 年の GDC で発表した、3D グラフィックス・コンピューティング向けの API 群で、OpenGL の次世代版と位置づけられています。Vulkan では、CPU にかかる負荷が低い点が大きな特徴で、Google は、Vulkan が Android において既存の API 群よりも CPU オーバヘッドが低いと評価していました。Vulkan では、独自にメモリと複数のスレッドを管理する機能により、GPU に対してより直接的なアクセスが可能になっています。特に、高い性能を要求するゲームやインタラクティブ操作を多用するアプリに適していると言われています。Khronos Group は下記のリンク先で、Vulkan 1.0 の仕様書や紹介スライド、GPU ドライバ、サンプル・デモアプリを公開しています。Source : Khronos Group

■関連記事
Instagramが2段階認証機能を導入開始
I-O Data、Androidから同社製テレビチューナー製品で録画予約ができるアプリ「テレリモ」と視聴用アプリ「テレプレ」をリリース
Google Japan、Chromecast 2とChromecast Audioをまもなく国内発売、日本向けのプロモーション動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。