ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidを標的にしたマルウェア「Mazar Bot」がSMSで拡散中、デンマークのセキュリティ企業が注意を呼びかけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デンマークのセキュリティ企業 Heimdal は同社の公式ブログを通じて、偽の SMS アプリのダウンロードリンクを添付した SMS を連続送信するマルウェアが拡散しているとして、注意を呼びかけています。拡散しているマルウェアというのは昨年 11 月に発見された「Mazar Bot」で、これが仕込まれた Android アプリをインストールすると、不正に偽の SMS アプリを拡散する SMS を送信したり、ネットワーク状態を不正に読み取ったり、電話をかけたり、リモートから端末データを削除する危険があります。Mazar Bot に感染したアプリは「MMS Messaging」といったあたかも公式アプリを装う名前を持っているのですが、アクセス権限を見ると、明らかに不要な機能へのアクセスを要求しているのですぐに分かると思います。しかし、同社によると、デンマークでは Mazar Bot が 10 万台の Android にインストールされてしまっているそうなので、不審な SMS のインストールや、APK ファイルの手動インストール時には注意が必要です。Source : heimdalsecurity

■関連記事
Instagramが2段階認証機能を導入開始
I-O Data、Androidから同社製テレビチューナー製品で録画予約ができるアプリ「テレリモ」と視聴用アプリ「テレプレ」をリリース
Google Japan、Chromecast 2とChromecast Audioをまもなく国内発売、日本向けのプロモーション動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP