ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビドラマ『フラーハウス』、フルサイズの予告映像を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もうたまらない(Have mercy)! Netflix(ネットフリックス)が、テレビドラマ『フラーハウス』のフルサイズの予告映像を公開した。

1987年から95年にかけて人気を博したドラマ『フルハウス』のリバイバル版となる同作は、Netflix(ネットフリックス)によって配信され、キャンディス・キャメロン・ブレ(DJ・タナー・フラー役)、ジョディ・スウィーティン(ステファニー・タナー役)、アンドレア・バーバー(キミー・ギブラー役)らが主演を務める。2月9日(現地時間)に放送された人気トーク番組『エレンの部屋』で予告映像の一部が初披露され、その後、ストリーミング・サイトにおいて、そのフルサイズ版が公開された。

製作の舞台裏を特集した映像も、併せて公開している。

予告映像には、90年代に放送されていたオリジナル版の名セリフである「Hola Tannerinos(やぁ、タナリーノ)」や「Have mercy(もうたまらない!)」、「Cut. It. Out(やめてくれよ)」、「How rude(ムカつく)」に加え、ジェシー(ジョン・ステイモス)やジョーイ(デイヴ・クーリエ)の愛嬌あるシーンが含まれている。

ステファニーがキミーに「あなたは90年代に縛られている」と指摘するシーンで、キミーは次のように返す。「私の動きは最高なのよ。何か言いたかったら、この手に向かって話しなさいよ、負け犬。あら驚いた! 頑張って。私、やっちゃったかも」。

また、3人組は『エレンの部屋』の番組内において、かつてミシェル役を演じたオルセン姉妹(メアリー=ケイト・オルセン、アシュレー・オルセン)がゲストとして出演する可能性について「いつでもウェルカム」とコメントしている。オルセン姉妹は、新シリーズには出演しない。

「番組内でも彼女たちについて触れているし、存在を忘れてはいない。私たちはいつも彼女たちのことを話しているの」と、キャメロン・ブレは語った。

スウィーティンも、「えぇ、間違いなくミシェルのことを意識している」とコメントした。

先月、『フルハウス』と『フラーハウス』の双方のクリエイターであるジェフ・フランクリンは、今後のシーズンにオルセン姉妹が戻ってくることを望んでいると語った。

フランクリンは「ミシェルを演じてくれるように全員で説得しましたが、彼女たちは今回は出演しないと決断しました」と述べた。そして「将来、彼女たちが考えを変え、再びミシェルを演じてくれることを望んでいます。どちらか1人だけでもいいのです」と付け加えた。

『フラーハウス』はNetflix(ネットフリックス)で2月26日(現地時間)より配信が始まる。

【動画】『エレンの部屋』でのインタビュー映像(予告編は2分30秒あたりからスタート)

【動画】Netflix(ネットフリックス)の特別映像

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP