ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衝撃的な1枚の画像。地球上に「飲み水」は、たったこれだけしかない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「US Geological Survey(アメリカ地質調査所)」が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか、を表現したもの。その小ささに驚きます。

画像には、水色の球体が3つ。最も大きなものが、地球上にある全水量を現しています。直径は約1,380km。

2番目は、氷河や地下水などの量を示しており、直径273km(全体の2.5%)ほど。さらに、すぐに飲める淡水に限った3番目の球体は直径約56km。全体の1.2%にあたります。いかに貴重な資源であるかがより明確になり、使用できる水の量を具体的に考えさせられるとあって話題に。

「デイリー・メール」紙は、2025年には人口の3分の2が水不足に遭うとの「WWF(世界自然保護基金)」の予測を紹介。

「国道交通省」に掲載されている「国際連合教育科学文化機関(UNESCO)」の発表によれば、1950〜1995年にかけて人口は約2.25%増加。対して、水の使用量が約2.74倍に増えており、その需要量が供給量に急速に迫りつつあります。

Reference:USGS,The Daily Mail,WWF,国土交通省,UNESCO

関連記事リンク(外部サイト)

【感動】車でピアノを持参し、パリで「イマジン」を演奏したピアニスト
殺処分直前だった犬が、意外な場所で大活躍していた(動画あり)
「スーパーの売れ残りは全部寄付します!」フランスのエコな法律とは?

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP