ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

方言が可愛いランキング第1位は意外にもあの県!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅の途中に各地の方言を聞くと、「現地に来たんだな」という感動がありますよね。普段住んでいる場所であっても、親しくしている人が不意に方言で話す姿を見ると、意外な一面にドキッとしてしまいます。

そこで今回はソニー生命保険のニュースリリース「47都道府県別 生活意識調査2015」を参考に、「うちの地元は方言がかわいい」と地元民が太鼓判を押す自治体と、その地方の実際の方言をまとめてみました。

5位・・・三重県、広島県(同率で16%)

最初に紹介する“方言がかわいい自治体”は、三重県と広島県。あくまでもこの調査は「地元の方言のかわいさを自慢できるか」と聞き、「はい」と答えた人の割合を調べています。

その調査で16%と第5位にランクインした自治体が、三重県と広島県になります。三重県の方言(三重弁)といえばgoo辞書によると「あたりがほー(くじびきで決めること)」「かんぴんたん(干からびた状態・物)」「こーっと(ええと)」などなど。

「ええと・・・」と悩むときに、「こーっと」と言われたら確かにかわいいですよね。

広島弁といえば「~じゃけん」が真っ先に思い浮かびますが、goo辞書には「えーかわん(買うことができない)」「くじゅーくる(むずかる)」「どんどろさん(雷)」などがありました。

第4位・・・京都(18.0%)

次は京都です。京都弁と言えば舞妓(まいこ)さんが「~どすえ」「おおきに」などとしゃべっている印象がありますが、他にはどのような言葉があるのでしょうか?

「あて/うち(私)」「おあげさん(油揚げ)」「かんこくさい(きな臭い、焦げ臭い)」「なむなむ(まあまあ)」など。確かにすてきな響きですよね。

ただ、京都の人の言葉には表面だけでは分からない、さまざまな意味が込められていると聞きます。完全にマスターするには、かなりの時間が掛かるかもしれませんね。

第2位・・・長崎、福岡(同率で20.0%)

第2位は同率で長崎と福岡。ともに九州の自治体になりました。確かに九州弁もかわいらしい印象があります。

ただ、同じ九州でも各地域で全く違うと聞きます。長崎弁をgoo辞書で調べてみると、「あかちょかべ(あっかんべー)」「うったまぐる(びっくりする)」「おっちゃける(落ちる)」「おーばんぎゃーな(無謀な)」などが挙げられていました。同じ言葉を福岡弁で探してみましたが、やはり見当たりません。

福岡弁と言えば、「あいらしか(かわいらしい)」「がまだす(精を出す)」「きんしゃい(おいでなさい)」「てんてれやすい(気安く、容易だ)」「すいとー(好き)」といった言葉が挙げられています。「すいとー」なんて言われたいですよね。

第1位・・・徳島県(22.0%)

ちょっと意外な第1位は徳島県。あるいは全く意外ではないのかもしれませんが、徳島県はかわいい方言がいっぱいだと、地元の方が太鼓判を押しています。

調べてみると、「あばばい(まぶしい)」「~じょ(~ですよ)」「てれこ(物の位置が入れ違っている状態)」「どぼれ(あほ)」など、確かにかわいらしい響きの言葉がたくさん見つかります。

徳島といえば鳴門公園や剣山、阿南の海岸、小歩危(こぼけ)や大歩危(おおぼけ)の渓谷、阿波踊りなど、いろいろな観光地やイベントがあります。旅行で訪れた際には阿波弁にも注目してみると、旅の楽しみが増すかもしれませんね。

[All photos by Shutterstock.com]

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP