ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自力で治す?!上の子からのもらい嘔吐下痢に「妊娠しているから処置できない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自力で治す?!上の子からのもらい嘔吐下痢に「妊娠しているから処置できない」

f:id:akasuguope03:20150918201712j:plain

第2子を妊娠中のとき、やはり1人目の時よりは余裕があったのは事実でした。

あんなに第1子のときは神経質だったのに、今思えば自分の体を『過信』していたのかもしれません。

それは妊娠5ヶ月のときです。

幼稚園に通う上の子供が嘔吐下痢になってしまいました。

昼夜関係なく何度も吐いてはトイレにいく子供の世話と、汚物の処理をしていたのですが、手洗いだけでは効果がなかったようで、その2日後、私まで嘔吐下痢の症状が出てきてしまったのです。

「あ、うつったな」

そう思った時は時すでに遅しで、どんどんと体調が悪くなっていきました。

とにかく今夜はゆっくり寝ようとお布団に入ったものの、嘔吐がひどく何度もトイレに行く羽目になってしまいましたが、もう吐くものもないけど吐き気がひどい状態です。

体力も消耗してしんどいので、夜間の救急外来へ行くことにしました。

通っている産科の病院だから何とかなるかなと思い、行こうと思いました。

が、上の子は寝ているから主人に病院まで送ってもらうことはできません。

ですので、フラフラになりながら自分で運転して病院へ向かいました。

当直の先生はとても感じの悪い内科の先生で、

「妊娠しているから処置はできない。夜が明けてから産科に行って薬を処方してもらってください」

と冷たい一言を言い放ちます。

悲しくて辛くて涙が出ました。

せめて点滴だけでも…ということで気休めの点滴をすることにしました。

点滴の処置をしてくれる看護師さんが見るに見かねて、

「水分取ろうとしてぐびぐび飲むと吐いてしまうだけだから、ペットボトルのキャップをコップにしてその1杯を1時間くらいかけてゆっくりなめるくらいで水分補給できるから」

と優しくアドバイスしてくれました。

やっとの思いで自宅に戻りましたが、夜が明けても薬をもらいに産科にいく元気がありませんでした。

自然治癒力だけで治しました。

もちろん、妊婦さんはそうならないように十分気を付けなくてはいけませんが、本当に体がしんどい時くらい先生も優しくしてくれてもいいんじゃないのかな、と悲しい思いをしました。

と同時に、自分の治癒力の高さに脱帽しました。

がんばったね、私!!

f:id:akasuguope02:20160214230210j:plain

著者:もも

年齢:34歳

子どもの年齢:10か月

第二子の出産を経て毎日忙しくママをしています。上の子と5歳差があるので一緒に育児を手伝ってくれるので本当に助かっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠期間はトイレ系トラブルの連続。お腹の中で赤ちゃんを育てる大変さを実感…。
仰向けになると激痛!症状は悪化し、ついには壁をつたってトイレに行くのがやっとに…。予想以上に辛い坐骨神経痛
夫にも言えない…妊娠中の密かな悩み、尿漏れ。2人目妊娠時は対策バッチリ!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。