ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『真田丸』 堺雅人の役柄を際立たせる内野、高嶋らの怪演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 堺雅人主演で好評のNHK大河ドラマ『真田丸』。三谷幸喜が脚本を手掛け、従来の大河のイメージを覆すさまざまな“仕掛け”が何かと話題だが、実力派俳優達の“怪演”に注目していると言うのは、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんだ。ペリー荻野さんが、独自の視点で新大河に斬り込む。

 * * *
 とにかく速い速い展開が続く大河ドラマ『真田丸』。本能寺の変が起こったと思ったら、あっと言う間に「秀吉が明田光秀を討ちました」と知らせが。それも手紙で。普通の戦国物語であれば、本能寺の前夜で一回、当日で一回、その後、秀吉が中国の毛利攻めから一気に駆け戻って明智軍と戦うあたりで二回くらいは話が続くというのに、『真田丸』はこの過程が数分で説明されるという高速回転である。

 では、今後の『真田丸』はどんな面白さが展開していくのか? 予想できるのは「実力派俳優の怪演祭り」になるのではということだ。その片鱗はすでに徳川家に出ている。

 徳川家康(内野聖陽)は、堂々たる戦国武将というよりは心配性で小心者のお殿様。信長が討たれたと一報を聞いて、これは一大事と戦う覚悟かと思ったら、伊賀の山をひたすら逃げ回る。落ち武者狩りに追われて「うああああ~」と泣きべそだ。大河ドラマ史上、もっともとほほな家康といってもいい。

 そんな家康を支えるふたりのホンダも怪演っぽい。本多忠勝(藤岡弘、)は、ヒゲもじゃで見るからに熱血漢。何かというと大声で吠えるように意見を言う。まるで番犬だ。常に甲冑姿でむさ苦しく、家康の前にどかっと座ると体からホコリが出たりする。伊賀越えの疲れでフラフラな家康に「おぬしは元気じゃのう」と半ば嫌味で言われても「それがしは一日で回復し申した!! ワンワンっ!!」(とは言ってないが、吠えてるように聞こえる)。

 もうひとりのホンダ、本多正信(近藤正臣)は、すぐ出陣!と鼻息の荒い忠勝とは正反対。「あとはのらりくらりと…」と狡猾そうににっこり。ついこの前まで出演していた朝ドラ『あさが来た』の大店の当主役とは違って、正信はどこか得体が知れない。家康とWホンダが出てくると、BGMもどこかフガフガととぼけた曲になっているのも面白い。

 もうひとり、怪演を見せているのが、北条氏政役の高嶋政伸。高嶋政伸といえば、かつて大河ドラマ『秀吉』で長年、破天荒な兄の秀吉を支え続けたデキた弟豊臣秀長を演じて、爽やかさを印象付けたが、その二十年後、『真田丸』では爽やかさのかけらもない白目演技を見せつけている。「信濃には攻め込まない」ときっちり約定を書いたのに、相手にスキありとみるや白目がぎらりと光らせて「好機到来じゃ」とさっさと裏切って出陣開始。氏政は、主人公の真田信繁(堺雅人)らを悩ませるのだ。

 そして、これからしばらく怪演が楽しめそうなのが、羽柴秀吉(小日向文世)。信長の草履取から己の才覚だけでのしあがった秀吉は、明智光秀を討ち果たしてウハウハだ。女性関係もウハウハで、天下人になってもウハウハ。笑いが止まらない小日向秀吉の声がいつ裏返るか。聞き耳をたてよう。(ちなみに日テレ系で放送される『天才バカボン』実写ドラマでは、高嶋政伸をおまわりさん、小日向文世がレレレのおじさんを演じるという。素晴らしい話である)

 周囲が怪演を見せれば見せるほど、信繁の一途さや人柄が際立って見えてくる。これは三谷幸喜がベテラン演技派に託したドラマ盛り上げ作戦の一環なのだ。『真田丸』怪演祭りは、まだ始まったばかり。盛り上がっていきましょう!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
変節漢といわれてきた藤堂高虎像を覆した本格歴史小説文庫版
信長、秀吉、家康と血縁関係にある「江」はセレブ中のセレブ
武井咲 11本のCMに出演する17歳美少女のミニスカナマ脚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP