ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gゼロ時代 アメリカが本気で北朝鮮問題を解決しない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカの政治リスク分析の専門家であるイアン・ブレマー氏が指摘する「Gゼロ」時代の世界分析が注目されている。Gゼロとは、東西冷戦時代のG2(アメリカとソ連)、冷戦終結後のG1(アメリカ一極支配)を経て、指導国が存在しなくなった国際社会をあらわす言葉。経営コンサルタントの大前研一氏が、なぜGゼロ時代を迎えたのか、アメリカはなぜ北朝鮮問題を解決しようとしないかについて解説する。

 * * *
 昨年は1961年から敵対してきたキューバと54年ぶりに国交を回復させた。しかし、アメリカは長年、最高指導者のフィデル・カストロ前国家評議会議長(首相)を「独裁者」「諸悪の根源」などと非難し、CIAが何度も暗殺を企てたのではなかったか。

 アメリカがフィデルと、その弟で後継者となったラウル・カストロ国家評議会議長を退陣・追放した上で国交を回復するなら話はわかる。だが、敵視政策をとってきたこれまでの経緯をすべて棚に上げて、バラク・オバマ大統領はラウルと握手した。

 ミャンマーもそうだ。アメリカはミャンマーを非民主的な軍事政権という理由で一方的に敵視して経済制裁を発動し、日本も足並みをそろえて交易を禁止した。ところが、現在のテイン・セイン政権が民主化に舵を切った途端に経済制裁を解除して“ミャンマー詣で”を始めた。

 その後、昨年11月の総選挙でアウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝したわけだが、私は彼女がミャンマーを真っ当な国にできる可能性はゼロに近いと思う。それでもアメリカは、利権を求めてこの国に介入し続けるだろう。

 結局、キューバとの国交回復もミャンマーの経済制裁解除も、2017年1月に退任するオバマ大統領のレガシー(政治的な遺産)づくりのためにやったことである。実のところアメリカは自由も民主主義も宗教も関係なく、単に相手が好きか嫌いかで態度を変える“気まぐれ外交”を展開しているわけで、それに世界は翻弄されているのだ。

 イラクのサダム・フセイン政権を崩壊させたのも、アメリカの都合だった。さらにアメリカは「本当の敵はアフガニスタンだ」とビン・ラディンが潜んでいるとみられていたアフガニスタンでも開戦し、何の成果もないまま撤退に追い込まれている。しかも「お尋ね者」のビン・ラディンは、パキスタンの豪邸で新婚生活を楽しんでいた、という洒落にならないおまけ付きだった。

 本来なら、いまアメリカが叩くべきは北朝鮮の金正恩政権のはずである。自由も民主主義もないばかりか国民は困窮して飢餓に苦しみ、人権は完全に無視されている。さらにサダム・フセインと違って、核兵器とアメリカ本土にも届くと豪語する弾道ミサイル開発を誇示・挑発している。

 2002年に当時のジョージ・ブッシュ大統領が「悪の枢軸」と呼んだイラク、イラン、北朝鮮のうち、まだ敵対国として残っているのは北朝鮮だけである。もしアメリカが本気になって北朝鮮問題を解決しようとすればできると思うが、手をこまぬいている。なぜなら、北朝鮮はアメリカ国内の政治テーマにならないからだ。国内の政治テーマとしてはイスラエル、イラン、サウジアラビアなどの中東問題が最優先なのである。

 これらを全部足してみると、G1だったアメリカが自ら崩れて、ブレマー氏の言う「Gゼロ」になったことがわかる。アメリカ外交には何の哲学も節操もないのであり、いま起きている世界の混乱は、すべてそこに端を発しているのだ。

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北朝鮮と韓国との全面戦争はあるか? 専門家はないと説明
辛抱強く手先が器用なミャンマーの人件費は日本の100分の1 
中国支配からの脱却を模索中 日本好きミャンマーと手を結べ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP