ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勉強も楽しい!趣味が資格へつながるおすすめ資格6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

充実した趣味に時間をかけるのはとても楽しいものです。趣味としてやっているものの延長で資格までとれたら素敵だと思いませんか?少しの勉強で資格取得に繋がる難度が易しいものを中心に、趣味の延長で取れる資格を紹介します。

趣味からとれる資格


色彩検定

ファッションが好き、部屋のインテリアにこだわっている、という人に向いている検定です。3級であれば受験者の75%ほどが合格できる資格です。試験はマークシート方式で色のはたらきや、色彩効果、慣用色名なとが出題されます。インテリア、ファッション、グラフィックなどのデザイン関係の業界では色調センスを持った人を求めているので、就職、転職の際にもアピール材料になります。自分のセンスも磨くことができるので、チャレンジしてみては。

住宅建築コーディネーター

住宅展示場が好き、将来的に家を持ちたいのでいろいろ見ている、という人に向いている資格です。合格率は60%ほどで試験はマークシート形式で行われます。家づくりに関する全ての流れを把握し、資金、不動産、設計、施工などの住宅建築に必要な専門知識を認定してもらえます。勉強していく過程で憧れでみている家を具体的にするには、どうしたいいかを学んでいくことができるので、実際、家を建てるときに大いに役立ちます。住宅建設系の業界に就職している人はこの資格もあればスキルアップにも繋がります。

ネイリスト技能検定試験

ネイルを楽しんでやっている人に向いている検定です。日本ネイリスト協会が主催するネイルについての正しい技術と知識の向上を目的とし国際的に通用するネイリストの育成を目的とした試験です。試験は事前審査、実技、筆記で構成されており、3級の合格率は80%を超すほどの高さです。知識と技術をしっかり学び、技術者として認定されれば、より自分のネイルが楽しくなりますし、友達や家族にもテクニックをつかってやってあげることができます。就職に関しては2級、もしくは1級があればアピールに繋がります。

観光英語検定

旅をするのが好き、人との出会い、コミュニケーションが好き、といった人に向いている検定です。外国人観光客が増えてきている今、趣味と実益を兼ねることができる資格だと思います。一般英会話や業界独自の専門用語、旅行やビジネスで来日している外国人への対応や細かい気遣いなどの知識を認定する試験です。試験は筆記とリスニングという形式で行われ、合格率は3級で70%ほどです。楽しみながら自分のスキルアップになりますし、これからもっと海外から観光などでくるひとは多くなると思うので、観光、旅行、ホテル業界などの就職、転職にアピールできます。

家庭料理技能検定

料理が趣味の人には、家庭料理技能検定が向いています。家族の健康管理に大切な家庭料理に栄養学と料理学を組み合わせた実践的な技術を認定する資格です。より詳しい知識を得れば、毎日の食生活もより充実したものになってきます。試験は実技と筆記で行われ、合格率は3級で75%ほどです。料理講師や栄養士、フードコーディネーターなど食に関しての仕事についてる人はこの資格があることによってキャリアアップが望めます。日頃の料理でも役立つ資格です。

毛筆書写検定

子どもの頃からの習い事の延長として書道を趣味としている人もいるでしょう。そんな人に向いているのが、毛筆書写検定です。毛筆習字の熟練度を認定する資格です。試験は実技と理論で行われます。合格率は2級で50%ほどと書道をやっている人なら比較的取りやすい資格です。この資格を取ることによって、書道塾やサークルなどで講師として指導したりすることもできます。先生と呼ばれる職業になれるチャンスに挑戦してみませんか?

まとめ

様々な趣味があるようにそこから繋がる資格も様々なものがあります。趣味としてやっているものが、少し本格的に勉強するだけで資格がとれるかも!趣味からの勉強で繋がる資格はもっとたくさんあるので、自分のやってる趣味からとれそうな資格はないかな?と探してみるのもおススメです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP