ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雲丹カルボナーラうどんが癖になる!バラエティー豊かな料理が魅力のお店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

ノーマルなビールも良いですが、カシスビアで乾杯。正真正銘のビールですが、ほんのりカシスの絶妙な味わいでした。

お邪魔したのは、ちょうど雪が降った日でした。さてさてここからどんどん写真をアップしていきます。

とろとろ湯葉とアボカドサラダ。さっぱりしていてあっという間に完食。湯葉ってなんでこんなに美味しいんでしょう? 食感が大好き。

皆さんメニューは事前に学習されてから来店されますか? 食いしん坊さんなら前もって口コミ等でチェックされるかもしれませんが。私も一応見ますが、大体は一緒に行く相手と当日その場で決めます。その店にしかない、その時にしか食べられない今月のお勧めはやっぱり見逃せません。

友人は看板メニューのダチョウのお造りの盛り合わせ。ハーフサイズ(750円)をいただきました。モモ・ヒレ・砂肝・はつ。感想は特にクセのあるものもなくて、ヒレは特に絶品でした。牛のレアステーキのようでした。モモは馬刺しのような~全く初めて食べるという感じではない。

ホタテのアヒージョ 800円。出てきた時は油が飛んで見るからに美味しそうでした。実際、帆立のぷりぷり感にきのこもたっぷりめで頼んで正解。

上海蟹みそグラタン。ふたりでシェアするのにちょうど良いくらい。

秋刀魚のアンチョビピッツア。薄いカリっとしたpizza。一見、少ないと思ったのは私だけ?? しかし、濃厚でひとくち食べる度にインパクトがあり程よい量でした。

チーズとサーモンの生春巻き 700円。正直言って1番ボリューミーでした。まさかこんなに量があるとは。美味しかったから食べました。

バジルソーセージ。お腹いっぱいになりつつ、気になり頼んでみました。

雲丹カルボナーラうどん。ご飯ものは要らないかな~と思いながらも唯一気になったのがこちら。三重出身の私としては伊勢うどんに反応。雲丹にカルボナーラとのコラボ??

感想を申し上げると、やはりベースは伊勢うどん。あのたまりの濃い醤油の味がするのですが、良い具合にカルボナーラとMIX。これまでに食べたことのない味わいながら何だか癖になりそうでした。

スイーツはもちろん別腹。バナナケーキをシェアしました。すごく懐かしい味がしたのは単に久しぶりだったからなのか?? ふんわりシフォンの上品な味わいでした。

飲める方はもちろん。お料理もバラエティに富んでいるのが気に入りました。

[とりとんダイニング]

[寄稿者:tabinchu-panda]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/tabinchupanda/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。