ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2か月以上先まで予約がうまっている焼鳥屋「鳥しき」の卵かけご飯 / ミシュラン掲載の絶賛店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

卵かけご飯

グルメな人ならば、誰もが一度は食べてみたいと思い、虎視眈々と予約の席を狙っている焼鳥屋がある。東京目黒にある「鳥しき」だ。食材、仕込み、味付け、火加減、そして調理環境と職人技、そのすべてが完璧に近い。そんなハイクオリティであるにもかかわらず、5000~6000円と、リーズナブルな価格で提供しているという点にも定評がある。

・2か月間じっと待つしかない
火の通り、温度、そして味わいをフルな状態に引き出すため、使用している炭は「紀州備長炭」。あまりにも美味しすぎるため、予約は2か月以上先まで埋まっている。毎月最初の営業日に2か月先の予約を電話で開始するので、それを狙って予約を取り、2か月間じっと待つしかない。

・じっくりと丁寧に焼く
まさに完璧ともいえる焼鳥屋であり、グルメガイドブック「ミシュラン東京」に掲載されるのも理解できる。焼鳥はストップをかけるまで、じっくりと丁寧に焼いて一本一本出されていく。その味たるや、まさに……。

……その焼き鳥の美味しさを語りたいところだが、今回ご紹介するのは焼鳥ではなく卵かけご飯。焼鳥を一通り食べ、ストップをかけたらシメの料理がやってくる。親子丼か卵かけご飯、究極ともいえる選択肢を迫られるが、ここは卵かけご飯を選択しておきたい。濃厚な卵黄の旨味、それを受け入れるために炊かれた飯、ただシンプルに、それだけの味。ただシンプルな、その味がたまらない。

・琥珀がパールを包むかのよう
卵黄を潰すと、あまりにも濃厚かつソフトな性質をしているため、ゆっくりとじわじわ、卵黄が飯に浸透していく。まるで琥珀がパールを包み込んでいるかのように美しい。その味、やはりただシンプルに「絶品」だ。

・いともたやすく満足感をかぶせる
焼鳥で満足感を十分に味わった味覚に「さらなる満足」を与えるのは難しい。しかしこの卵かけご飯、いともたやすく満足感をかぶせてきた。「鳥しき」、この味は少なくともあと2か月経たねば再開できないのか。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/02/16/torishiki-tamago/

鳥しき
住所: 東京都品川区上大崎2-14-12
時間: 18:00~23:00
休日: 月祝
電話: 03-3440-7656
http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13041029/

東京メインディッシュ
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP