ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この場所でスマホを使ったら罰金約35,000円。サンフランシスコに出現した「とある看板」に考えさせられる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Park」がある通りだ。画像を見てみよう。

#notechzone ?

A photo posted by Nick Stonehocker (@rickrockthrower) on Sep 20, 2015 at 1:56pm PDT

ガーディアン」紙によれば、この看板は、2015年9月21日の朝に突如設置されたらしい。何の目的で誰が置いたのだろう?と議論が巻き起こったが、翌日の午前中には消えていたという。地元当局も、誰によるものかわからないと回答した。

記載にはこうあった。

「携帯電話、タブレット、ラップトップ、スマートデバイスは禁止。違反した場合、300ドル(約35,000円)の罰金」

サンフランシスコといえば、世界最先端の街。「未来都市」とも呼ばれるような場所だ。看板が設置されていた場所が、Googleの社員用シャトルバスの停留所付近だったことから、テック企業に憤りを感じた何者かによる“静かな抵抗”だったのではないかと噂された。

街の住民の声は様々だ。なかには「取り外されてしまったことが残念」という意見も。誰もが首をかしげる珍事件だったが、2週間後再び公園内に看板が現れることに。一体誰が!?

アーティストによる
パフォーマンスアートだった!

じつはこれ、サンフランシスコ在住のアーティスト、アイヴァン・キャッシュ氏によるパフォーマンスだった。各メディアに謎の事件として取り上げられたのち、TVなどに本人が出演し、その真相を語った。その様子が上の動画に収められている。

この場所でスマホを使ったら罰金約35,000円。サンフランシスコに出現した「とある看板」に考えさせられる・・・

再び突如として現れた看板。今度は公園内に設置され、多くの人の間で話題に。

この場所でスマホを使ったら罰金約35,000円。サンフランシスコに出現した「とある看板」に考えさせられる・・・

デバイスの持ち込みを禁止する看板を、スマホで撮影する人々。

この場所でスマホを使ったら罰金約35,000円。サンフランシスコに出現した「とある看板」に考えさせられる・・・

指をさし、不思議そうに見つめる通行人。たしかに「ナニコレ?」と感じてしまうのは想像に難くない。

キャッシュ氏は、もともとニューヨークで生まれ育ち、サンフランシスコに移住してアートスタジオを始めた。元Facebook社員であり、テクノロジーに精通している。

「テクノロジー産業が、友達を雇用し、好きなモノやサービスを作り、支払いまで管理しています。わたしはこれを課題と捉えています。世界中の人々や、あらゆるものへの繋がりが、スマホ画面を通して行われています。サンフランシスコは特にそう」

「都市部で暮らしていても、公園に行けば街の喧騒から離れられます。どこか外に出たくなったときに訪れますが、通行人を眺めていると、せっかくの景色や心地いい音ではなく、スクリーンに目を寄せている人が多かった。わたしは、この看板が人々が会話するためのきっかけとなり、少しでも笑顔になってくれればと思っています」

看板は1枚100ドルで販売されている。もちろん私有地での使用に限るが、デジタル断捨離を考えるきっかけにはなるかもしれない。

Reference:The Gardian,rickrockthrower
Licensed material used with permission by Ivan Cash

関連記事リンク(外部サイト)

深刻化する「スマホ依存症」。風刺した作品に考えさせられる
紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
【冬季限定】氷のベットで寝れる!「アイスホテル」が北海道に出現

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。