ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

センスは真似から。一生モノの教科書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一生使い続けたい「逸品」、どれくらい持っていますか?
流行りのものを旬限定で持つのもスタイルのひとつですが、「永く使えるものをセレクトする」審美眼もそろそろ身につけておきたいアラサー世代。
誰の意見にも左右されずお気に入りに囲まれることが許されるのは、独身女性の特権とも言えます。そして、東京にはモノがあふれていますが、そのなかから「自分に本当に合うもの」探す過程も楽しい。
どこにいけばそんな「逸品」に出合えるの?
そんな指南をしてくれる本が、『ソニアのショッピングマニュアル』です。トップスタイリストであるソニア・パークが「本当にいい」と思ったものばかりを紹介する一冊。
ひとつひとつのアイテムが、そのバックグラウンドからていねいに紹介されていてとても読み応えがあり、アラサーの一生モノ買いに最適な本。ほんの少しだけ、中身をご紹介します。

洋服やアパレル小物

長い間着まわせるベーシックな洋服やアパレル小物がたっぷりと紹介されています。それは、数々の品物を見てきた彼女だからこそのセレクト。テイストも幅広いので、本をめくりつつ自分にあったものをじっくりと探したい。



キッチンまわりのもの

日々忙しい私たち働く女性は、家でキッチンにゆっくりと立てる時間もそうないはず。だからこそ、そんな時間を大切で有意義なものにしたい。空間を素敵に演出してくれるキッチンツールを充実させることがまず一歩です。

ビューティもの

アラサーを迎えた私にとって、これからの美をキープできるか否かは「ビューティ」にあるといっても過言ではありません。彼女のおすすめからヒントを得て、いろいろトライしてみて自分に合ったものをチョイス。

食べるもの、飲むもの

「食」にこだわる、というのも年齢を重ねてきた女性ならでは。普段頑張っている自分へのご褒美として楽しむのはもちろん、大切な人へのおもたせなどに「さすが」と思わせる品を知っておくのがたしなみ。

ステーショナリー

あまり気を使わない、という人も多いのがステーショナリー。じつは仕事中など、意外とセンスを見られている部分でもあります。素敵なステーショナリーを使っている人は、中身も間違いなく素敵

女性なら誰もが興味のある各ジャンルの逸品が、1冊につき101点紹介されています。3部作出ているので、読み応えも十分。
装丁も価値観のあるヴィジュアルなので、wish list作りに眺めるだけでも楽しい、永久保存版です。


(グリッティ)記事関連リンク
心からよろこべる? テレーナがみせた熱い友情
「くだらない批判は相手にしない」グラミー賞でテイラーが放ったパワフルなメッセージ
うつむく姿勢360度。どこから見てもスマホブス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP