ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホのレンズで皮膚ガンを早期発見!?超精細画像が可能な「Molescope」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カナダのスタートアップMetaOptimaが開発している「Molescope」は、皮膚がん発見をサポートする、皮膚検査のための医療デバイスだ。

・スマホのレンズに取り付ける

スマートフォンに取り付けるアタッチメントツールで、カメラレンズにクリップのように取り付ける。すると、カメラで高精細のカラー画像が撮影できるようになり、皮膚の異常を鮮明に記録することが可能になるという。

専用のiPhoneアプリが用意されていて、皮膚がんのリスクをいち早くキャッチするため、ユーザーがセルフ診断をするためのガイドをしてくれる。

月1回、頭からつま先まで自己診断をおこない、ほくろ、そばかす、しみ、傷の写真を撮影する。

ある程度の期間に渡って記録データを残すことで、より強固な皮膚診断の情報ソースが確立していく。

・画像は医師へと送信され、リモートチェックされる

撮影画像はかかりつけ医へと送られ、リモートチェックされる。アプリはセキュリティ面にも配慮されているので、安全にプライベートな写真を医師へと送信できるし、患者はわざわざ病院へ足を運び、長い待ち時間に時間を費やすこともない。

患者としては、大型で場所をとるような専用の機器は必要ないのもメリット。「Molescope」をセカンドオピニオンとして活用することもできる。

医師側は、緊急性の高い症例にいち早く気づき、素早い処置がおこなえるようになり、患者のマネジメントもしやすくなるというメリットがある。

ただ注意したいのは、「Molescope」は皮膚がんを診断するツールではなく、あくまで診断補助ツールという点。

とはいえ、迅速なやり取りが可能になること、精細な画像や整理された情報は、医師の診断をしやすい環境を整え、処置のミスを防ぐのに役立つはずだ。

・早期発見が何よりも大事!

皮膚がんは、早期に発見されれば約98%の生存確率が見込める病気で、とにかく素早い発見と治療が何よりも肝要。

「Molescope」は、米国食品医薬品局に認可されており、クラウドを介して患者と医師をつなぐ医療ネットワークとしての役割が期待される。

ただ、現状ではiPhoneのみに対応しており、Androidや他デバイスには対応していないのが残念な点だが、今後Androidへの対応も検討しているという。

・個人用、医療専門家用の2バージョンを用意

個人利用のための「Home Edition」と、医療専門家向けの「Medical Professional Edition」の2バージョンが用意されており、価格はそれぞれ149カナダドル(約1万2400円、1年間クラウド使用は無料)、249カナダドル(約2万700円、半年間クラウド使用は無料)となっている。

Molescope

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP