ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレンタインのNY。地下鉄の座席に置かれた「赤いバラ」が乗客をハッピーにした(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。

バラの花一輪で、誰かを
ちょっぴりハッピーな気分に

ご存知のとおり、女性が男性にチョコレートを渡すバレンタインの習慣は、世界的にみても日本独特のもの。アメリカでは、贈り物は何もチョコだけとは限りませんし、さらには、男性がプレゼントを女性に渡すことだってあります。

そんな2月14日の朝早く、始発が動き出したばかりの駅構内に、バラの花束を抱えて立つ人の姿が。

電車に乗り込んだ彼はこの後、手にしたバラを一輪ずつ座席にそっと置いていきました。

一本一本丁寧に、座席にバラが置かれていきます。そこにはこんなメッセージが添えられていました。

知らない誰かにプレゼント
ハッピーバレンタイン!

もしかしたら、あなたが愛する人じゃないかもしれない。けれど、あなたから隣人を愛してあげましょう。このバラを地下鉄に乗っているだれかにプレゼントしませんか?ハッピーバレンタイン!

座席に置かれたバラを手にとる人々。

メッセージを一読すると、みなどこかにこやかな表情に変わっていきました。

しばらく辺りを見渡して…

「ハッピーバレンタイン!」

こちらでも。「ハッピーバレンタイン!」
えっ、瞬間びっくりして思わず身を引く女性。けれど、男性から差し出されたバラの花に悪い気はしませんよね?この後、お礼とともに笑顔で花を受け取りました。

この日、地下鉄に乗り合わせた知らない人同士がバラ一輪の愛を渡しあうことで、少しだけハッピーな気分になれたのかもしれませんね。ちょっと素敵なサプライズ動画の全編はこちらから。

Licensed material used with permission by Nicholas Smatt

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
あなたの古いセーターは、保健所の「犬用セーター」になります
国歌斉唱中「しゃっくり」におそわれちゃった少年がカワイイ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP