ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

合計245才 黒柳徹子が泣いた永六輔と大橋巨泉の3ショット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いつもと変わらない平日の正午だけれど、今週の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)は放送40周年で、毎日ゲストが2人いる――。

「こちらラジオの巨人・永六輔さん(82才)。そしてこちら、テレビの巨人・大橋巨泉さん(81才)です」

 そんな黒柳徹子(82才)の紹介で始まった2月4日の放送は、年齢の合計245才、同級生3人によるテレビ史に残る伝説的鼎談となった。

 永は2010年にパーキンソン病と診断され、歩行困難のため車椅子で出演。口は大きく開いたままで、膝の上にはブランケットが重ねられている。黒柳に「病気にならなければ、いろんなことができたわね」と言われると、永は「それが悔しいな」と複雑な思いを吐露した。

 明かされたのは、およそ60年前の黒柳と永の出会いのエピソードだ。ディズニーアニメの声優のオーディションに落ちた黒柳に、「申し訳ないから」と赤いハンドバッグをプレゼントしたのが、オーディションにかかわっていた永だったという。

 その永が病になった時、「ぼくに『仕事したほうがいい。病院に行けよ。医者に会えよ』と背中を押してくれた」(永)のが大橋だった。

 大橋も昨年11月に腸閉塞の手術を受けたばかり。過去4度のがん摘出手術と今回の手術の影響で、以前は80kgあった体重は50kgにまで減った。

 家族には「そんなやせさらばえた顔をファンの人に見せるのはどうなのか」と出演を止められたというが、「でもおれは(40周年での出演は)徹子さんとの約束だから出るって言ったんですよ」(大橋)と言葉に力をこめた。

 テレビの黎明期から活躍してきた3人だけあって、思い出話に登場するのもビッグネームばかり。

永:「もう1人ここに渥美清(享年68)がいてほしかったね」

黒柳:「あぁ…泣いちゃう」

 そう涙ぐんだ黒柳にとって渥美は「兄ちゃん」「お嬢さん」と呼び合い、ロマンスの噂まで飛び出した仲だった。

大橋:「植木等さん(享年80)も亡くなったし、ハナ肇(享年63)も亡くなったし、勝新(太郎・享年65)も亡くなったし…おれのことを“おい、巨泉”なんて言うのは、もう永ちゃんしかいないな」

 他にも3人は、森光子(享年92)、青島幸男(享年74)、井上ひさし(享年75)、小沢昭一(享年83)ら故人の在りし日の思い出に花を咲かせた。

 大橋は永の名前にちなんで長年、魚の「エイ」グッズをプレゼントし続けているのだという。

永:「忙しい巨泉が奥さんと必ず水族館に行って『エイ』を探してきてくれるの。忙しいのに…」

 そう言って永は言葉を詰まらせる。

黒柳:「永さん、涙が出るぐらい嬉しいと思ってるって」

大橋:「嬉しいよ、おれも嬉しい。だから一生懸命探すのね」

 そして、大橋はこう結んだ。

「60年前から永ちゃんに憧れて、いろんな病気したけど、こうやって一緒にテレビに出たりできるってことは、神様の恵みですよ」

 闘病中の車いすでも、激やせしても、『徹子の部屋』の40周年だから――2人の勇気で実現した奇跡の共演はただ、すごかった。

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
平成ノブコブ吉村崇 「車の友達」賞をはるな愛と受賞し喜ぶ
『バイキング』低迷 一貫性なく出演者多く噛み合ってないから
近藤真彦長男が黒柳徹子と勝負 黒柳が太刀打ちできぬことも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP