ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大初の「推薦入試合格者」は就活で不利になる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 面接と書類審査で東大に入れる。そんな東京大学の「推薦入試」が今年からスタートした。昨年12月に書類審査を通過した受験生に面接が行なわれ、年明けのセンター試験の点数が加味された上で、2月10日に「推薦入学一期生」となる77人の合格が決まった。しかし、“推薦で東大に入った”といわれても、どれだけ優秀なのか、ピンとこない。

 国公立、私立を問わず推薦・AO入試を導入する大学は数多くあるが、決して評価が高いとはいえない。

「推薦は受験勉強をマジメにしなかったイメージがあるのか、就活で不利になるといわれています。企業側が大学名で学生を選別する『学歴フィルター』と別に『入試方法フィルター』があるのではないかと学生の間では評判になっている」(AO入試組の私立大学4年生)

 進学・就職情報サイトを運営するマイナビが2013年に行なったアンケート調査では、「一般入試」で入学した学生の内定率が約63%だったのに対し、「推薦入試」は約51%、「AO入試」は約43%となっている。

 東大生も、推薦組は評価が低くなるのだろうか。就活ジャーナリストの石渡嶺司氏はこういう。

「たしかに早稲田大学については、AO入試一期生の小保方晴子さんがSTAP細胞騒動を起こしたので、入試形態を気にするリクルーターもいますが、合否を決定づけるほど大きな要素にはなりません。しかも国立大学の推薦入学は要求水準が高く、就活にほとんど影響はないでしょう」

 たしかに東大の推薦入試の募集要項を見ると、提出を求められる書類・資料として〈科学オリンピックで顕著な成績をあげたことを示すもの〉(経済学部)、〈開発したソフトウェアの概要資料、科学雑誌に掲載された論文など〉(理学部)、〈TOEFL iBT 100点以上〉(医学部)などとある。どれほどスゴいのかはわからないが、とにかく“スーパー高校生”だけが受験を許されるようだ。

 とはいえ「今回は募集要項でハードルを上げすぎて受験生が尻込みしたのか、応募者が定員を下回る学部もあった」(東大関係者)というから、ラッキーで合格した受験生もいるのかも。

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1969年の東大入試中止事件 東大目指す現役受験生の進路は?
面接重視の大学入試「低学力の大学生だらけになる」との警告
東大改革「才能発掘には推薦入試より奨学金拡充が必要」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP