ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンセス気分を味わえる♡世界で二番目に小さい国とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「世界で一番小さな国は?」と聞かれて「バチカン市国!」とすぐに出てくる人も多いと思いますが、世界で二番目に小さい国ってどこだと思いますか?

答えは…モナコです!その名を一度は聞いた事があるのではないでしょうか?テレビ「世界の果てまでイッテQ」でも紹介された、モナコとは一体どんな国なのでしょうか?

 

どこにあるの?

photo by Bengt Nyman

モナコと言う名前は分かってもどこにあるの?という感じですよね。モナコは、南フランスの地中海に面したイタリアとの国境に近い場所にあります。国土面積は2.02平方キロメートルという、日本のハウステンボスくらいの大きさです。

公用語はフランス語で人口は約3万6千人です。東京都の練馬区や世田谷区と同じくらいの人口密度なので、小さい国にどれだけ多くの人が住んでいるか分かります。とても治安が良い事で有名です。

 

24時間監視されている?

photo by Frédéric BISSON

国内には全土にビデオ防犯・監視システムが設置され、24時間監視されています。世界で最も治安が良い国として知られています。もし大きな事件が起きたとしても、国境閉鎖まで3分もかからないと言われています。

その理由は、市民の数に対して警察官の人数が多いからです。

 

お金持ち以外はお断り!

photo by Tax Credits

こんなに治安の良い国に住んでみたいと思っても、誰もが住める訳ではありません。

モナコのプライベートバンクに、約5000万円~1億2000万円を預ければ、銀行が「この人は十分な資産があり、働かなくてもモナコで生活出来る人です」という証明になり、移住権をもらえます。

それに加えて10年以上移住が途切れることなく続けば、モナコ国籍を取得できます。

世界にはモナコ以外に、たくさんの大富豪が集まる地域がありますが、なぜモナコが大富豪達に人気かというと、税金がかからないからです。

 

400億円のマンションがある!

El Hombreさん(@hombrelifestyle)が投稿した写真 – 2015 5月 19 2:30午後 PDT

モナコにはこの世で最も高価と言われるマンションがあり、そのお値段は約400億円!

トゥール・オデオンと呼ばれる高層マンションには、全部で70戸あり、最上階の45~49階までの5フロアが世界で一番高値となる「スカイ・ペントハウス」です。

ウォータースライダー付きのプールや、プライベート映画館にサウナ、窓からはモナコの美しい街並みと海を一望できます。

 

1日で観光できる!

photo by Cyril Bèle

モナコは非常に小さいので、観光ポイントだけなら一日で周ることが出来ます。中でも一番の人気は、モナコ海洋博物館です。宮殿のような外観で、中は日本の水族館と違いユニークな展示方法が楽しめます。

ベストシーズンは夏ですが、他の時期でも比較的過ごしやすい気温が続きます。少し派手だなと思うくらいのドレスがモナコでは丁度良いそうです。

ドレスを着て、カジノやレストランなどの高級スポットへ出かけてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

モナコは初めての海外旅行でも、治安が良いので安心して訪問出来る国です。高級レストランやカジノへ行ってお姫様気分を味わってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。