ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXO、2月発売『non-no』『Ray』表紙2誌を同時公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

EXO(エクソ)が登場している2月20日発売『non-no』と2月23日発売『Ray』の表紙が公開された。

EXOといえば、昨年の日本デビューと同時に、海外男性アーティストとして最速で東京ドーム公演を実現し、デビューシングルも、史上初の「新人セールス年間1位」。さらに輸入盤を含めると新人の「作品別シングル売上金額」および「作品別アルバム売上金額」両部門で1位獲得など異例づくしの成功を収め快進撃を続けている。

そんな彼らが、日本ファッション誌での初の表紙を2誌同時に飾ることとなった。

non-noでは創刊45周年で初の試みとなる、まったくモデルが異なる表紙のEXO版とモデル版の2パターンを発売。そのEXO版の発売が発表された直後から問い合わせが殺到し、すぐに発行部数を変更、これはnon-noでは珍しいことのようだ。

また、ワールドワイドに活躍する彼らだけあって、やはり海外からの注目度も高く、韓国・台湾を中心に、海外受注が通常の約4倍もあったようだ。

non-noではカバーモデルを海外男性グループがつとめるのも創刊45周年で初の試みとなり、誌面ではメンバーの撮りおろし写真と素顔の魅力が分かるインタビューを掲載予定。さらに、ポストカードとピンナップが付いた豪華仕様となっているとのこと。

また、発売に合わせて、ハチ公前交差点のQFRONT壁面に表紙の巨大パネルを設置(2月16日〜28日)するほか、渋谷駅周辺の書店でnon-noを購入すると先着3000名にEXO特製ポストカードをプレゼントするキャンペーンも行い、東京・渋谷をジャックする勢いだ。

一方Rayの方は、海外アーティストの記事としてはRay史上初の特大ボリュームで、永久保存版といえる12ページのブックインブック「The EXO Book」に加え、中面でも4ページで特集、合計16ページでEXOをたっぷり味わえる内容となっており、彼らのポテンシャルによるRayの力の入れようが伺える。

さらにネットや書店で、早くも新人アーティストとしてRay史上最高の予約数となるなど、雑誌業界でもEXOは異例の記録を打ち立てる形となった。

関連リンク

EXO オフィシャルサイトhttp://exo-jp.net/
■EXO twitterhttps://twitter.com/EXO_NEWS_JP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP