ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、1/2.6型で2,250万画素の小型なCMOSイメージセンサー「Exmor RS IMX318」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 2 月 16 日、今後のスマートフォンで広く採用される可能性のある 1 / 2.6 型と従来よりも小型な新しい積層型 CMOS イメージセンサー「Exmor RS IM318」を開発し、2016 年 5 月より量産すると発表しました。IMX318 は 1/2.6 型・単位画素 1.0μm を採用した裏面照射型の CMOS イメージセンサーで、有効画素数は 2,250 万画素になります。また、像面位相差 AF とコントラスト AF を組み合わせてオートフォーカス性能を高めた「ハイブリッド AF」や、動画において 3 軸加速度センサーを活用した電子式の手ブレ補正を投入しています。IMX318 の特徴は、1 / 2.4 型といった従来のイメージセンサーから機能を強化しつつも、小型化して、さらに画素数を高めたところです。小型になったので従来よりも小さなスペースに搭載することができます。ほかには、動画撮影において、3,840 × 2,160 ピクセル @ 30fps の 4K 撮影のほか、1,080p @ 120fps や 720p @ 240fps のスローモーション撮影も可能となっています。Source : Sony

■関連記事
英文の上に単語や熟語の和訳・意味を表示する翻訳アプリ「英読」がリリース
Xperia Z5 Compactで広角撮影やマクロ撮影が可能になるレンズキット「hvYourOwn GoLensOn Case EXPRESS Pack」が発売
LINE、食品や料理の撮影に特化したカメラアプリ「Foodie」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。