ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おんぶして♪ワンコに育ててもらったオポッサムたちがキュート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動物の種を越えた愛情は、見ているこちらを温かい気持ちにさせてくれるもの。

このほどブラジルからは、こんなエピソードが届いています。

母親を失った赤ちゃんオポッサムたち

先日、動物トレーナーのStephanie Maldonadoさんのもとに連れてこられた、まだ目も開かない小さなオポッサムたち。

オポッサムは、大人になったときの丸いフォルムとふさふさの毛が特徴の、有袋類の動物です。

母親が死んでしまった4匹の赤ちゃんですが、タイミング悪く引き受けてくれる保護施設がなかったため、Stephanieさんは自ら育てることにしました。

ミルクを2時間に1度与えるなど子どもたちの養育に苦労していた彼女ですが、あるとき思わぬ“救いの手”が現れました。

それが一緒に暮らす犬のPretinha

4匹の子育てを始めたPretinha

母親の不在を感じたのか、Pretinhaは細やかにオポッサムたちの面倒をみるように。

4匹の赤ちゃんもすっかりなつき、Pretinhaに守られながら、それまで以上に元気になったそうです。

おんぶも大好き

外に出れるようになっても、Pretinhaと一緒にいたいオポッサムたち。

背中に乗るのが好きなようで、散歩もお母さんの上から楽しんでいたようです。

その後も、StephanieさんとPretinhaの愛情によってすくすくと育ち、今では元気に木の上で遊ぶまでに成長しました。

Stephanieさんは頃合いを見て、彼らを自然に返そうと思っているといいます。

さびしいお別れになるかもしれませんが、オポッサムたちはきっと“母の愛情”をいつまでも忘れないことでしょうね。

Stephanie Maldonado(Facebook)
https://www.facebook.com/stephanie.maldonado.180

動物(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP