ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【写真】第58回グラミー賞:授賞式とライブパフォーマンス

DATE:
  • ガジェット通信を≫


テイラー・スウィフトが、年間最優秀アルバムに輝いた。


ブルーノ・マーズが、『Uptown Funk』で獲得した年間最優秀レコードのトロフィーを受け取った。


ケンドリック・ラマーは、『The Blacker the Berry』と最優秀アルバムにノミネートしていた『To Pimp a Butterfly』から『Alright』を歌い上げ、政治色の濃いパフォーマンスを披露した。


レディー・ガガは、デヴィッド・ボウイに捧げるパフォーマンスを披露した。


グウェン・ステファニーは、コマーシャルの時間にミュージック・ビデオを初披露した。


ジャスティン・ビーバーは、『Where Are U Now』と『Love Yourself』を歌い上げた。


アラバマ・シェイクスのブリトニー・ハワードが、『Don’t Wanna Fight』で獲得した最優秀ロック・パフォーマンスのトロフィーを受け取った。


ザ・ウィークエンドは、ヒット曲『Can’t Feel My Face』を披露した。


アデルは『All I Ask』を歌ったが、音が一時的に途切れる技術的な問題が生じてパフォーマンスを妨げられてしまった。


テイラー・スウィフトが『Out of the Woods』を歌い、ショーのオープニングを飾った。


ゲイリー・クラーク・Jrは、B・B・キングに捧げる激しいパフォーマンスを披露した。


ジョニー・デップのバンド、ハリウッド・ヴァンパイアーズは、アリス・クーパーと共に、モーターヘッドのレミーを追悼するパフォーマンスを披露した。


メーガン・トレイナーが、最優秀新人賞を獲得した。


ミゲルは、マイケル・ジャクソンの『She’s Out of My Life』を披露した。


エド・シーランが、『Thinking Out Loud』で年間最優秀楽曲に輝いた。


ケンドリック・ラマーが、『To Pimp a Butterfly』で最優秀ラップ・アルバムに輝いた。


ジョン・レジェンド、デミ・ロヴァート、メーガン・トレイナー、タイリース、ルーク・ブライアンが、ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを獲得したライオネル・リッチーを祝った。


ロビン・シックとピットブルがこの日のショーを締めくくった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP