体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ピポトレ】年齢制限なし! 1日2分で“くびれ”をつくる引き締めトレーニング

生活・趣味
【ピポトレ】年齢制限なし! 1日3分で“くびれ”を作る引き締めトレーニング

もうすぐ、お腹にぜい肉の危機迫る食欲の秋ですね! 今回の『ピポトレ』は、ぜい肉を防ぐと同時に“くびれ”を作ってしまう、食べ過ぎがちな季節にピッタリなトレーニング。実は、このトレーニング、ヨガや水泳を続けても「くびれない」と悩んでいた女性(58歳)が、3週間続けたらみごとにくびれた実例アリなんです。一日たった2分しかかかりません。年齢・性別を問わずくびれたい人はぜひやってみてください。

足の指をしっかり上げる

【ピポトレ】年齢制限なし! 1日2分で“くびれ”を作る引き締めトレーニング

足を肩幅より広めにして立ち、足の指先をしっかり上げます。重心は親指の付け根からかかとに置き、身体がぐらぐらしないように支えます。両腕を伸ばして軽く上げて、息を吐きながら右側へゆっくりと身体をひねります。

10秒かけて息を吐く

【ピポトレ】年齢制限なし! 1日2分で“くびれ”を作る引き締めトレーニング

これ以上無理だなというところでストップ。約10秒かけてゆっくりと口から息を吐き切っていきます。このとき、足の指をあげた状態/胸を張る姿勢をキープすることがとても重要なポイントです。息を吐き切ったらゆっくり身体を戻していきます。この動きを左右それぞれ3回繰り返します。効果が現れるまでの期間は個人差がありますが、3週間はあきらめずに続けてみてください。

立ったままで腹筋を鍛えられる

ピポサワ博士によると、日本人の体形は、そもそもお腹のぜい肉が下腹部に向かって垂れやすいのだそうです。このトレーニングには、垂れてしまったぜい肉を引き締めるとともに、本来の位置に引き上げてシェイプアップする効果があります。

また、立ったままで腹筋を鍛えられるのもポイントです。一般的に、腹筋トレーニングは寝たり座ったりするものが主流ですが、このトレーニングでは立った状態でしなやかな腹筋が作られていきます。

また、このトレーニングのポイントは「足の指先をあげて胸を張り、深く呼吸する」ということ。これだけで(ひねらなくても)腹筋を鍛える効果があるので、電車やエレベータの待ち時間にさりげなく行うこともできますよ。呼吸を深めればリラックス効果もありますから、仕事の合間や移動中にぜひ試してみてください!
 
<注意すること>
足の指をあげた状態/胸を張る姿勢をキープ!

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会