ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『じゃがりこ バターチキンカレー味』セブン限定大好評だったあの味が春を待たずして復活!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カルビーの「じゃがりこ」は、新風味がハイスピードで登場する人気ポテトスナック。昨年春にセブン-イレブン限定のじゃがりことして短期間だけ販売されていた『じゃがりこ バターチキンカレー味』が、なんと1年を待たずしてこの2月8日よりコンビニ先行発売がスタート!

20周年イヤーから引き続き、今年もお祭りムード全開!

女子高生をターゲットに開発された「じゃがりこ」は、その独特のカリカリ食感が愛され続けて早20年。類似スナックは幾つも登場すれど、じゃがりこの美味しさにはかなわず、唯一無二のスナック菓子として人気を集めている。1月からすでに3種類のフレーバーが登場するなど、新風味がハイペースで出続けるスタイルは今年も健在。『じゃがりこ バターチキンカレー味』は、2月8日(月)よりコンビニ先行発売開始、それ以外の店舗では2月22日(月)からの発売だ。

「バターチキンカレー」とは、私たちになじみのあるインドカレーの中でも”最も日本人の味覚に合う味”といわれるまろやかなカレー。具は鶏肉だけというシンプルなスタイルだが、チキンの旨味にヨーグルトのコクとトマトの酸味がアクセントの深い味わいが魅力。一般家庭でも、特別なスパイスを使用しなくても作れることから人気が高い。『じゃがりこ バターチキンカレー味』の原材料も、鶏肉、大豆、カレーパウダー、チキンオイル、しょうゆ、トマトパウダー、バター、牛乳などが使用されており、本格的なバターチキンカレーを意識しているのがわかる。

 

最速復活ともいえる『じゃがりこ バターチキンカレー』のお味は?

これまでに登場したじゃがりこのフレーバーは100種類以上。これまでにもカレー風味のじゃがりこは食べた記憶があるが、じゃがいもの甘みとカレーの香りがマッチしていてレベルの高いイメージがある。たった1回の登場で消えてしまうフレーバーもある中で、1年を待たずして復活した『じゃがりこ バターチキンカレー』にはかなり期待が高まる!

さっそくフタを開けると、いかにもカレーな食欲をそそる香りがたまらない。こんがりカレー色のスティックが美しい。ところどころに赤茶色の粒が見えるのは、鶏肉だろうかトマトだろうか?

1本いただくと、スパイスの刺激よりもバターのまろやかな甘じょっぱさが強い。じゃがりこならではのパリパリポリポリ食感を堪能しているうちに、じゅわっとカレーの味が出てくる! 辛さは少なく、まろやかなところがバターチキンカレーをしっかり再現している。しつこくないさっぱりカレー風味なので、どのドリンクとも合い、子供から大人までみんなが楽しめる味わいだ。

ちなみに、パッケージデザインはいつものごとく遊び心満載。インドの民族衣裳を来た女子キリンは、カレー屋の看板娘でバタカリーという名前だそう。故郷インドから来日し、カレー屋で働いているという設定がある。

デザインバーコードでは、バタカリーちゃんが故郷のインドとお別れする様子を表現していて、「故郷におわカレー」というダジャレ付きだ。そして、「こりゃバターステキ!うっトリ、まろやかれー」というバターチキンカレー全開のダジャレも強烈だ。これまでのじゃがりこダジャレやデザインバーコードの一部は、公式サイトの「じゃがりこライブラリ」で見られるのでそちらもチェックしてみて。

カルビー『じゃがりこ バターチキンカレー味』は、2月8日(月)コンビニ先行発売を経て、その他の店舗では2月22日(月)発売開始。参考価格は150円。5月下旬までの期間限定商品なので、今すぐ買いに行こう。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP