ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カチカチで食べられぬもどかしさ解消するアイス専用スプーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイスクリームを食べるためだけに作られたスプーンがある。それが『15.0% アイスクリームスプーン』(3240円)だ。これはアイスクリームを楽しむための商品として「タカタレムノス」(富山県高岡市)が開発したもの。2011年の販売開始以来、8万本以上売れている大ヒット商品だ。“15.0%”というブランド名は、「アイスクリーム=乳固形分15.0%以上」という日本の成分規格に由来する。

「冷凍庫から出したアイスクリームが、カチカチでなかなか食べられないもどかしさを日頃から感じていたんです」

 と、デザイナーの寺田尚樹さんが言うように、この誰もが味わったことのある不便さが、開発のきっかけになった。

「すぐに食べたいのに少しやわらかくなるまで待つのもじれったい。それを解決するにはどうしたらいいかを考え、スプーンの素材に熱伝導率の高いアルミニウムを採用。これでスプーンからアイスクリームへと体温が伝わりやすくなり、アイスクリームにスプーンが入りやすくなりました」(寺田さん)

 思惑通りに食べられるかどうかテストをしたところ、カチカチに凍った状態でもスプーンがスッと入って、スムーズにアイスクリームをすくうことに成功。スタッフ一同、大きな手ごたえを感じながらも、その後、食べる時の唇の感触や持った時の握り心地など、微調整を何度も繰り返した。販売に至ったのは構想から約1年後のことだ。

「実は“3000円もするスプーンなど、売れるはずもない”という反対の声が、社内でも結構ありましたが、優れた商品だと確信していたので、魅力がきちんと伝われば売れると思って販売をスタートさせました。とはいえ発売後、一時は生産が追いつかないほど支持していただけるとはさすがに予想以上です(笑い)」

 と、広報担当の菊池圭輔さんは微笑む。硬いアイスクリームにスプーンが軽々と入っていく不思議な感覚、試してみませんか?

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オレオを使ったひとくちホロ苦アイス作り コツはポリ袋
『ほこ×たて』 曲げれないスプーンこれだけとユリ・ゲラー完敗
ハーゲンダッツ12月が一番売れる 自分へのご褒美や手土産に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP