ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嬉しい!皮付きじゃがいもで高血圧が予防できるなんて!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アラフォーになって血圧が少しずつ高くなってきたという人は、食生活に注意!毎日の食事に血圧を下げる成分を含む食品を加えたいですね。そんなときに注目したいのがジャガイモ! ジャガイモの皮が血圧を下げるという研究結果が報告されています。一体どんな成分が含まれているのでしょうか?

ジャガイモで血圧が下がる理由は?

ジャガイモの皮に豊富に含まれる成分はなんとカリウム。カリウムといえば、バナナにも豊富に含まれていますが、100gあたり360mgとなっています。一方ジャガイモは100gで410㎎とバナナを超える含有量となっています。特に皮の部分に豊富に含まれることがわかっていますので、よく洗ってじゃがバターにしたり、皮ごと食べてしまうと良いでしょう。

他にカリウムが豊富な食品は?

カリウムはじゃがいもやバナナのほかに、アボカド、海藻、大豆などの豆類にも多く含まれます。毎日の食事でこのような食品を積極的に摂るように心がけましょう。カリウムは水に溶けやすいので、スープや鍋などに使う場合は汁も一緒に摂るようにしましょう。生で食べるのがベストですが、ジャガイモは生ではなかなか食べられないので、蒸したり炒めたりして食べるのがベストです。

ジャガイモは意外にカロリーが低い

ジャガイモは腹もちするのでカロリーが高いように見えますが、100gで76kcalと意外にも低カロリーです。ジャガイモの約75%が水分なので、ダイエットには最適な食品です。ジャガイモはビタミンCも豊富で、ミカンよりも多い量を含むほど。ビタミンCは一般的には熱に弱い成分ですが、ジャガイモのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴。ジャガイモを1個食べれば、1食分のビタミンCを摂ることができるといわれています。じゃがいもを上手に料理してダイエットにも健康にも役立てましょうね。

writer:松尾真佐代

サプリ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP