ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目に見えないはずの“脳波”を、ビジュアル化してスクリーンに表示する「MyndGazer」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たち人間の生理作用や機能をコントロールする脳は、非常に深遠な存在である。

現代テクノロジーを活用して、人間の脳波をリアルタイムでモニターし、3Dバーチャルリアリティとしてビジュアル化しようというユニークな試みがなされているという。

・脳波をビジュアル化してヘッドセットに表示

それがニューヨークのスタートアップが開発している、VRニューロフィードバックツール「MyndGazer」だ。VRヘッドセットを用い、脳波をビジュアル化し、わかりやすく認識できるかたちにしてくれるという。

中枢神経系内では神経活動がおこなわれており、これが“脳波”として観測される。観測された“脳波”は、“electronicephalogram(EEG、脳波図)”として再現される。

「MyndGazer」は、2Dのコンピュータースクリーン、あるいは3DのVRヘッドセットのの両方に対応しており、瞬間ごとに脳波を感知、モニターし、スクリーン上にリアルタイムで計測した脳波をビジュアル化して表示する。

・さまざまなVRヘッドセットへの対応も

テスト開発の時点では、Neurosky「Mindwave Mobile EEG」ヘッドセットを使っていたが、同社の“Thinkgearシステム”に対応しているセンサーツールなら、何でも用いることができる。

さらに今後の出資状況次第では、Interaxon「Muse」ヘッドセットにも対応させる予定で、「Emotiv」「OpenBCI」のヘッドセットへの展開も視野に入れているという。

「MyndGazer」の出力には、“WebVR”の技術が使われており、「Oculus Rift」「HTC Vive」「Google Cardboard」などのヘッドセットディスプレイのほか、PCでも動作する。

現在の脳の状態を誰でもわかりやすく把握できるようになり、それらの情報をもとに、神経活動を活発にしたり、集中力を高めたり、あるいは精神の安定につなげることができるだろう。

・Kickstarterで出資受付中

「MyndGazer」は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで、3月5日まで出資を受付中。集中力を活性化させたいとき、自分を静かに見つめ直して瞑想したいとき。これまで“目に見えなかった精神状態”を把握し、コントロールする手助けとなってくれそうだ。

MyndGazer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP