ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“充電”発表のKAT-TUNがビルボード週間シングル1位に、A応Pは『おそ松さん』OPで大健闘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月22日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”は、先ヨミ記事掲載時から圧倒的なセールスを叩き出していたKAT-TUN『TRAGEDY』がそのまま首位をキープ。大人気アニメ『おそ松さん』OPに起用されているA応P『全力バタンキュー』は2位となり、彼女たちは初のTOP5入りを果たした。

 前作に引き続きアニメ『おそ松さん』のオープニングを担当することになったA応Pは、「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」から誕生した6人組アイドルグループ。『TRAGEDY』もアニメ『金田一少年の事件簿R』のオープニングテーマに起用されているため、今週のチャートはアニメ主題歌がワンツーを独占する結果に。

 また、3位は先ヨミ記事から変わらずMR.MRの日本デビューシングル『Just 1 Light』がチャートイン。そして4位のflumpool『夜は眠れるかい?』もアニメ『亜人』映画主題歌とTVシリーズオープニングテーマに起用されており、先ヨミ記事から1ポイントダウンで5位になった荒木宏文『STELLAR』は、松岡充がプロデュースした自身2作目のシングル作品となっている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2016年2月22日付)
1位.KAT-TUN『TRAGEDY』
2位.A応P『全力バタンキュー』
3位.MR.MR『Just 1 Light』
4位.flumpool『夜は眠れるかい?』
5位.荒木宏文『STELLAR』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】KAT-TUN 首位独走中!A応P、MR.MRはどこまで追い付けるか!?
名古屋のエンタメ集団BOYS AND MENが2作連続1位の快挙、TOP5は先ヨミ通りの順位に
BIGBANG 韓流三つ巴対決を制し、オリジナルアルバムでは4年9か月ぶりビルボード週間チャート1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP