ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読売テレビ・清水健アナ 妻が母として生きた112日間の物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 妻の妊娠と同時に乳がんが発覚。妊娠を継続するか、それとも治療に専念するか。究極の選択を迫られた夫婦が出した結論は「家族“3人”で闘い抜くこと」だった。アナウンサーの夫は、「その時」が近づくとレギュラー番組を休む決断をし、そのことは大きな話題を呼んだ。これは「妻」が「母」として生きた112日間を記した実話である。

 2016年2月某日。番組の収録を終えた読売テレビアナウンサーの清水健さんは、著書『112日間のママ』に記した妻・奈緒さん(享年29)との思い出を振り返りながらこう話す。

「奈緒が亡くなってからの1年は、僕にとって一番働いた年でした。何か一度止まってしまうと、奈緒がいない悲しみから抜けられない気がして……」

 清水さんは『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)でメインキャスターとして活躍している。入社当初はスポーツ中継などを担当。『どっちの料理ショー』(読売テレビ制作、日本テレビ系)では、三宅裕司のアシスタントとして同番組を盛り上げた。2013年6月には『ten.』でスタイリストをしていた奈緒さんと結婚。幸せな新婚生活を送っていた。

 それから1年で奈緒さんが妊娠。奈緒さんから「子供ができた」と伝えられたとき、清水さんは「ほんまに!? ありがとな」と飛びあがらんばかりに喜んだ。だが、幸せな時間は長くは続かなかった。

 奈緒さんの左胸に乳がんが発覚。超音波検査の結果では、転移している可能性も指摘された。

 若年性乳がんは進行が早い。だが、お腹の中の赤ちゃんへの影響を考えると、分子標的治療、ホルモン治療、放射線治療は選べない。切除手術をしても、CT検査も使えないため転移の有無さえわからない。

〈「出産を諦めるのか、諦めないのか」。
 僕たちは幸せの絶頂から一瞬にして、「命の選択」を突きつけられたのだ〉(以下、〈 〉内は『112日間のママ』より抜粋)

 その時、奈緒さんは言葉にはしなかったものの、清水さんに目で「産みたい」と語りかけてきたという。夫婦は「3人で生きる道」を選んだ。

◆出産直後「3か月」の余命宣告

 結婚式からちょうど1年後の5月19日、滋賀にある乳腺クリニックに入院。2人は初めての結婚記念日を病室で迎えた。翌日、手術。清水さんは仕事を休むつもりだったが、

〈「いつも通りにして。私は画面の向こうの、いつもの健さんが見たい」〉

 という奈緒さんの言葉に押され、手術に立ち会うことなく病院から出社した。

〈「じゃあ行ってくるね」
 病室を出た途端に、自然と涙が出た。あの時、僕は多分初めて泣いた。
 なんで奈緒なんや。
 なんでよりによって奈緒なんや〉

 手術は無事終了。退院し、胎児への影響を考えながらの抗がん剤治療が始まった。約5か月後の10月23日、奈緒さんは帝王切開で無事に男の子を出産した。だが出産後、奈緒さんは激しい腰の痛みに襲われる。がんは肝臓や骨、骨髄にまで転移していた。

「もって3か月」

 喜びの出産から2週間。医師から、あまりにも残酷な余命宣告をされた。より大きな病院に転院し、抗がん剤治療を続けた。

〈僕は病院から会社に出社し、入れ違いに、僕の親が息子を病室に連れてくる。そして、僕は仕事が終わると、会社から病院に直行し、親とバトンタッチし、家族3人の時間を過ごす〉

 そんな親子3人の生活は1か月以上続いた。奈緒さんは辛い副作用に苦しめられながらも治療を続けたが、無情にも抗がん剤は効かなくなっていった。そこで、清水さんは3人での旅行を計画する。それまで奈緒さんの体力がもつ保証はなかった。が、3人には「生きる希望」が必要だった。

 年末年始の休みを利用し、思い切って沖縄の竹富島にでかけた。血液検査の数値は奇跡的に落ち着いていて、空港で奈緒さんは生まれて初めてベビーカーを押した。竹富島の白い砂浜とその向こうに広がる遠浅の海。

〈「気持ちがいい」
 奈緒は、息子に、何回も何回も頬ずりをする。
 まるで、自分の感触を、刻み込むかのように〉

 2014年の新年を、親子は竹富島で無事に迎えることができた。これが親子3人での「最初で最後の旅行」となった。

 大阪に戻ると奈緒さんの状態が悪化。治療も効果が出ず、清水さんは「治療」から「緩和処置」に切り換える決断を下すしかなかった。同時に1月いっぱいで『ten.』のキャスター業を休むことにした。その席に戻れないことを覚悟しての決断だった。

 それを伝えると奈緒さんは「ごめんね……。こんな疫病神で」とつぶやいた。思わず清水さんは怒鳴った。

〈「奈緒が疫病神のわけないやろ! そんなこと言うな!」

 奈緒を怒ったのは、後にも先にも、これが最初で最後だった。奈緒に向かって怒ってるんじゃなかった、そんな言葉を口にさせてしまった、自分のふがいなさに腹を立てていた〉

 そして2月8日、神戸にある別の病院に移ると、2月11日午前3時54分、奈緒さんの呼吸が止まった。清水さんはまだ温もりの残っている奈緒さんの横に、息子を寝かせた。

 結婚生活は1年9か月。「ママ」でいられたのは、たった112日間だった。

 妻を看取った後、仕事に復帰した清水さんは今、親の協力のもと子育てに励んでいる。

「この1年で息子は本当に大きくなった。息子の成長に負けないよう、僕も強く生きなければならない。夫婦や家族のあり方は人それぞれで、答えは一つではない。僕たち家族を通して皆さんが大切な人を感じてくれたなら、この本を書いた意味があるのかなと思っています」

※週刊ポスト2016年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
清水健アナ 妻の死の2日前に転院の大きな決断をしていた
読売テレビ清水健アナ 妻が亡くなってから見つかった日記
読売テレビ・清水健アナ 妻の死から1年で「心折れそう」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。