ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【藤森香衣のがんコラム】Vol.2: 検診て、どうして必要なの?

  • ガジェット通信を≫

乳がんの患者さんが思うこと

女性のみなさん、婦人科系の検診(乳がん・子宮頚がん&体がん)は、きちんと受けていますか?男性は、奥さんや愛する人たちに「検診にちゃんと行ってね」と、伝えているでしょうか。

検診を受けていない人の意見をまとめると、面倒だし、お金がかかるから後回しにしちゃう…というのと同時に、「何か出たらイヤだし、怖いから受けない」という言葉も、よく耳にします。

確かに、病気は平穏だった日常に不安や恐怖を連れてきます。けれども、放っておいて良いことは何一つありません。
病気を公表してから、「実は、私もサバイバー(がんを克服した)なのよ」と、打ち明けてくれる人が沢山います。
その中でも、「なんとなく気づいていたけれど、放置してしまった」ことで、進行してから治療に入ったという方もいました。
彼女たちが言うのは、いつも同じです。
「どうして、あの時、たった少しの時間と検診のお金を渋ったのだろう。もしも過去に戻れるならば、自分を引っ張ってでも検診へ連れて行くのに」

乳がんは種類にもよりますが、少しずつ大きくなっていく場合が多いため、そうしたことを治療の段階で知れば知るほど、彼女たちは“あの時”を悔んでしまうのでしょう。

乳がん検診は、痛い?

私が、よく聞かれるのは「乳がん検診て、痛いんでしょう?」ということです。

みなさんが「痛いんじゃないか…」と心配しているのは、【マンモグラフィー(=マンモ)】という、乳房を挟み、X線撮影を行う検査についてが、ほとんですが、この“乳房を挟む”という、日常で聞かない状況が、女性の「なんだか、怖い」「痛いんじゃないか」という不安を強めているように思います。
私も、初めて受ける際にインターネットで検索をし、「マンモが痛かった」という情報を目にして不安になりましたが…受けてしまえば、怯えるほどの痛みでは全くないと思います。

痛みには個人差がありますが、同じ“挟まれる”という状況であれば、手や指を挟んだ時の方が何倍も痛い気がしますし、「乳腺外科」の方たちは毎日、すごい人数の女性の胸を検査していますので、驚くほどの早業で済んでしまいます。

また、「胸が小さすぎて挟めないかも…」という女性もいますが、胸の脂肪を挟むというより、脇の下の肉からギュギュっと押しこまれるので、その心配もありません。
唯一、意識しておくならば生理前は胸が張っている人が多く、痛みに繋がるようなので、その期間は避けて検診をした方が良さそうです。

見落とさないために

乳がん検診には、
・マンモグラフィー
・超音波(エコー)
・触診(医師が触れて判断する)
の3つがあります。

よく「どれを受ければいいの?」と聞かれますが、出来れば3つとも行って頂きたいです。
なぜなら、それぞれに特徴があるため、どれかに限ることで見落とさないためです。

また、30代までの人は乳腺が発達しているため、マンモだけでは がんが見つかりづらいという傾向があるそうです。
初期であるほど分かりづらいので、私のように「一年前は無かったもの」が少しずつ、見えてくることもあるため、どの年代であっても、一年に一度の検診を強くお勧めします。

例え、検診で病気が見つかっても、あなたは一人ではありません。医師や看護師さんが、しっかりと支えてくれていますし、同じ想いを分かち合えるサバイバーの人たちが、あなたの不安な心を理解し、応援してくれますよ。

~モデル:藤森 香衣~

関連記事リンク(外部サイト)

意識調査によると、乳がん検診を毎年受けていない!? 「乳がん月間」に知ってほしい検診の重要性
【藤森香衣のがんコラム】Vol.1: プロローグ ~友達に助けられた、私のがん~
不安がいっぱい、初めての乳がん検診…どんな検査なのか教えて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP