ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陣痛促進剤を投入して陣痛が3分間隔。でもなかなか破水せず、子宮内の炎症で発熱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

予定日から1週間というその日は、もともと陣痛促進剤を打つ予定の日でした。

その前日、陣痛が始まり病院へ行くと、子宮口も3センチくらいなので入院しましょうという事に。

しかし、陣痛は5分~10分間隔で留まり、丸一日それ以上進む事がなく、夜明けになりました。

夜中が特に辛くて、一緒に付き添ってくれた旦那に腰をさすってもらって何とか耐えました。

当の赤ちゃんはクルクル回っているらしく、なかなか頭が骨盤にはまらない状況。

次の日、予定通り陣痛促進剤を打つことに。

打った途端、陣痛がどんどん進み3分間隔まで来ました。

夜中の痛みより断然強い陣痛です。

しかし、破水はなかなか起こらず、私は熱が出てしまっていました。

陣痛促進剤を打ち始めてから、もうすでに4時間が経っていました。

内診を行ったところ、どうやら子宮内で炎症が生じてしまっているようで、そのせいで熱が出てしまっているとのこと。

お腹の赤ちゃんにもこのままでは影響が生じてしまう恐れがあることから、と緊急の帝王切開になりました。

帝王切開になるとは全く思ってなかったので、知識もなくただ不安に襲われましたが、赤ちゃんの命優先です。

そこからはバタバタと準備が行われ20分もすれば私は手術台の上へ。

その際、促進剤はストップされたのですが、陣痛は定期的にくるので、その痛みに一人で耐えなければならなかったのが一番辛かった。

それまで腰をさすってもらっていたことでどれだけ楽になっていたのかを実感。。。

そして、無事に赤ちゃんは産まれました。

手術が始まって数十分後の出来事でした。

カンガルーケアは出来なかったけと、産まれる瞬間も見せてくれて、ほっぺたにスリスリさせてくれました。

とにかく赤ちゃんが元気いっぱいで産まれてきてくれて涙が止まりませんでした。

ちなみにうちは帝王切開でも旦那さんも立ち会ってくれたので手術中も手を握ってもらって安心感がありました。

とにかく、出産には何があるか分かりません。

助産師さんの指示に従って、我が子が元気に産まれてくるように、その時の最善の方法をとって下さいね。

著者:あいこ

男の子のママです。毎日子育て楽しんでます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

実録・帝王切開は楽じゃない!予約競争の術前から、3日3晩痛みに耐える産後まで
貧血、出血、前置胎盤…不安でいっぱいの妊娠生活、その先に見えた出産という光
鉗子分娩に切り替えるが出てこず緊急帝王切開。緊急なのにエレベーターが来ない!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP