ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元の人に聞いた!上海のおすすめ観光スポットベスト25

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Takako Mamiya「上海夜景にうっとり★トレンドを感じる田子坊や情緒あふれる豫園も巡った上海人気スポット観光!」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
日本から約3時間で行ける上海は、手軽に行ける観光地としても有名です。特にB級グルメや美しい夜景を求め、観光に訪れる人も多いのではないでしょうか。日々、目覚ましい発展を遂げている上海は、魅力たっぷりです。
今日は、観光地としてはあまり有名でないエリアも含め、訪れる旅に新しい発見がある上海のおすすめ観光地をご紹介します。

上海について

世界有数の世界都市である上海、長い歴史がある中国の中でも、上海の歴史はそれほど古くはありません。
アヘン戦争が終わり、南京条約(1843年)が結ばれると、英、米、仏は租界と呼ばれる位留置を設けました。また、日清修好条約(1871年)後には日本も租界に参入し、対米英開戦(1941年)が終わると日本軍が租界を占領しました。その後、約100年にわたる租界時代は終わりを迎えることとなりました。
上海人はこの100年にわたる租界時代に、外国の文化、生活様式に接したことで、独立心、冒険心が目覚め、今日の発展へと繋がりました。
現在では、浦東新区の開発によりさらなる発展が期待されています。

<浦東・陸家嘴エリア>
高層ビルが立ち並ぶ、上海最大のオフィス街。目玉は、上海のランドマーク、東方明珠塔です。

1. 濱江大道

"The Bund, Shanghai" (CC BY-ND 2.0) by  SF Brit 

外灘といえば、100万ドルの夜景。
上海の夜景を船上から、贅沢に堪能することがきるのが、黄浦江ナイトクルーズです。時間とともに移り変わる景色を見るなら、狙い目は夕方から夜です。心地よい風にあたりながら、上海の魅力がたっぷりとつまったクルーズを楽しんでみてはいかがですか。

7. 外白渡橋

"衡山路复兴西路2012年1月25日初" (CC BY-SA 2.0) by  DvYang 

カフェやバーなど人気の飲食店が点在する閑静な通りである、復興西路は、今も旧フランス租界の面影を残すエリアでもあり、最近ではナイトスポットとしても注目を集めています。

<浦西・淮海中路/陝西南路エリア>
淮海中路と言えば、ショッピングストリート。
人気ブランドから、若者向けのリーズナブルなショップ、食料品店から大型デパート、電化製品店などなんでも揃う、地元の人にも人気の場所です。

16. 田子坊

"SDC18475" (CC) by  Mr Thinktank 

南京西路沿いにある、大規模ショッピングセンター。
ブランド店が多く入っているこのデパートで思い切って買い物しちゃいましょう!

<浦西・静安寺エリア>
静安寺エリアは、1000年以上の歴史を誇るエリアでもあり、近年では5つ星ホテルができるなど、著しい発展を遂げています。虹橋や人民広場などにもアクセスしやすく人気が高まっているエリアです。

22. 静安寺

"久光" (CC BY-ND 2.0) by  zqtouch 

静安寺の高級デパート久光百貨はSOGO系列の百貨店です。
世界の一流ブランドが集まるこのデパート。特に上海在住の日本人などに人気なのがデパ地下! 日本からの輸入食品が7割を占め、豊富な食料品が揃っています。豊富な種類と質のよい食材は、上海の富裕層からも絶大な支持を得ています。

<浦西・徐家匯エリア>
地元の若者に人気の繁華街である、徐家匯エリアには、若者向けのブティックが数多く並んでいます。近くには、名門上海交通大学のキャンパスがあるため大学生が多いエリアでもあります。

24. 徐家匯天主堂

"Shanghai days." (CC BY-SA 2.0) by  ironypoisoning 

徐家匯エリアにある港匯恒隆広場は、若い女性に大人気の大型デパートです。国際色豊かなレストランをはじめ、映画館、輸入品スーパーなどが入っています。

上海旅行記

1. 「上海滞在記録」Hiroyuki Suzukiさん

Photo credit: Hiroyuki Suzuki「上海滞在記録」

Hiroyuki Suzukiさんの上海滞在記録では、東方明珠電視塔や金茂大厦をはじめとする上海の主要観光スポットを訪れた様子がつづられています。
外灘から見る東方明珠塔などの高層ビルが建ち並ぶどこか近未来のような風景の写真には、これが上海だ! と思わされます。昼と夜では全く違う顔を持つ上海、そして日々進化し続ける姿に驚きを隠せません。
Hiroyuki Suzukiさんの撮る写真には、そんな上海の魅力がぎゅっと詰まっています。近代的な建築物をはじめ、今もなお残る租界時代の歴史ある建築物を見に上海へ訪れてみませんか?

2. 「人に恵まれた上海」Akinori Okadaさん

Photo credit: Akinori Okada「人に恵まれた上海」

人生5度目の海外一人旅に上海を選んだAkinori Okadaさん。
ゲストハウスで出会った人々と地元クラブでカウントダウンとニューイヤーイベントを過ごした上海旅行。人に恵まれる旅は楽しいですよね。
一人旅だとなかなか自分で写真が撮りづらいですが、そんな時はAkinori Okadaさんのように、写真スタジオに行ってみませんか? その土地の民族衣装を着て素敵な写真を撮ってもらいましょう!

3. 「おとなの夏休み2014 ~上海~」Yoshiko Miyazakiさん

Photo credit: Yoshiko Miyazaki「おとなの夏休み2014 ~上海~」

トランジットで約7時間で訪れた上海旅行記。7時間をどう過ごすか悩みどころですよね。そんな時はYoshiko Miyazakiさんのように思い切って観光地を巡りましょう。
7時間でも、上海の見所である豫園や外灘を十分に観光できます。やっぱり豫園に来たら、小籠包を食べずにはいられません。その地でしか食べれないものにどんどん挑戦しましょう。そして何と言っても100万ドルの夜景も見逃せません。
数時間のプチ観光、どう過ごすかはあなた次第です。

おわりに

私自身も11年前に住んでいた上海。常に変化を遂げ続けているこの街に驚くことがたくさんあります。
中国ならではの風景に加え、植民地の面影が残る街並み、歴史ある建築物をリノベーションした施設など異国情緒漂う魅力的な街だと思います。歴史を学んだ上で訪れる上海、新たな発見がありそうです。観光だけでなく、歴史を感じる旅してみたくなりました。

ライター:Yuko Mayumi
Photo by: Takako Mamiya「上海夜景にうっとり★トレンドを感じる田子坊や情緒あふれる豫園も巡った上海人気スポット観光!」

関連旅行記

*Akira Naito「大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】」
*Yuichi Kudo「中国 四川省 世界遺産九寨溝 信じられない美しさ」
*Seki「中国1人旅 in甘粛省、ウィグル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。