ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワーナーブラザーズとユニバーサルスタジオ…どちらに行くべき?(前編)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Miz Shige「HappyでカラフルなLos Angelesで、現地集合の旅

世界の映画製作の中心地であるロサンゼルスには、世界の名だたる映画スタジオが本社を置いています。映画に興味がある人であれば、世界的に最も影響力のある2つのスタジオ、ユニバーサルとワーナーブラザーズのツアーに参加してみたいと思うかもしれません。しかしどちらのツアーも決して安いとはいえず、少なくとも半日は必要になります。両方のスタジオを訪れる時間やお金がない場合は、この記事を読んでから計画を立ててみてください。

ユニバーサルもワーナーブラザーズも全く違う体験ができるので、私は両方行くことを強くおすすめします。また、どちらのスタジオも継続的に映画やテレビドラマを製作しているので、ステージを建て直したり、撮影のためにいくつかの部分を閉めたり、増築したりしていることも覚えておきましょう。お気に入りのテレビ番組のステージを見に行く前に、改修や撮影でクローズになっていないか、必ず確かめてくださいね。

ユニバーサルスタジオ

ユニバーサルスタジオのテーマパークは今や世界中にあり、オーランドやシンガポール、香港や日本にも存在しています。しかし最も注目すべきテーマパークはロサンゼルスにあります。そこで全てのファンタジーがつくられているのです。素晴らしき多くの映画の撮影現場を見ることができるのは、世界中でもここだけ!

私はまず、小さくてかわいいミニオンに会いたくて、ミニオンのアトラクションからスタートしました。そして私は気づきました。パーク内のほとんどの乗り物は実際、乗り物というよりも4D映画のようなもので、実際に自分がミニオンの間をすり抜けていくような感覚を味わうことができます。あまりにも面白かったので、アトラクションに乗った後、ミニオンのシャツを買ってしまいました。

ユニバーサルスタジオパークは、私のような熱狂的映画ファンやアニメファン以外でも、誰でも楽しめる場所です。私も行くまではどのような場所か全く知りませんでしたが、テーマパークが大嫌いだった私の元カレでさえ、ユニバーサルスタジオパークは気に入っていました。

パーク内ではたくさんの乗り物やライブショーを楽しむことができます。混雑を避けるためになるべく早く来園するか、優先的に乗車できるVIPパスを買いましょう。もし時間がないのであれば、絶対にVIPパスを買う価値はあります。私が訪れた土曜日の昼間は、ほとんどの乗り物が2時間待ちでした。

パーク内にはハムナプトラとジュラシックパークのローラーコースターがあります。ジュラシックパークはとても面白いと聞いていたのですが、私が行ったときは残念ながら閉まっていました。でも大丈夫。年末にもう一度行って、その面白さを確かめてきます!

ミニオンも大好きでしたが、トランスフォーマーの乗り物も最高でした。映画を観たことがくても最高だと思えました。乗り物が実際にスクリーンの迷路の中を動き回り、次から次へと4Dスクリーンが切り替わるので、とてもリアルな体験をすることができます。

パーク内にはライブショーもいくつかあり、私のお気に入りはウォーターワールドでした。演出がとにかく素晴らしかったのです。ステージには炎が上がり、高い所から俳優達が水の中に飛び込みます。小型の飛行機がオーディエンスに水を撒きながら飛び回るシーンも! 絶対に観たほうがいいですよ。

映画のセットはどうだったか気になりますか? 映画ファンの皆さん、ご安心を。全てスタジオツアーの中で観ることができます。トラムに乗り込むと野外の映画セットを見てまわることができ、ロサンゼルスをニューヨークに見せたり、大雨や洪水を作ったり、サンフランシスコの地下鉄に地震を起こしたりするトリックを見ることができます。

映画のセットの次は、映画「ジョーズ」で有名なアミティ・ビレッジや、「宇宙戦争」の飛行機の残骸などを見学できます。残念ながらトラムを降りてセットに近寄ることはできませんが、それでも最高に楽しいですよ!

(後編へ続く)

Licensed material used with permission by Anna Everywhere (Facebook, Twitter, Instagram)
翻訳:アオノトモカ「冒険女子

Compathyでロサンゼルスの旅行記を見ましょう

Takato Ichiki「Ace Hotel Downtown Los Angeles‎に泊まってみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。