体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いちご狩り&まち歩き。焼きものの町、常滑で女子旅♪【愛知】

いちご狩り&まち歩き。焼きものの町、常滑で女子旅♪【愛知】 土管坂

実は2月~3月に楽しめるイチゴ農園がたくさんある常滑エリア。でもいちご狩りだけではこのエリアの魅力は味わいきれません。

街をぶらぶら散歩すれば、とても個性的なお店がいっぱいあることに気付きます。

1人で、友達と一緒に気の赴くまま、散歩して感性にまかせてお店に入ってみましょう。きっと素敵なお気に入りを見つけることができるはずです。

1.オレゴンファーム

ハンモックや暖炉も!居心地抜群のいちご園。

オレゴンファーム モーツァルトの音楽をゆったりと聞かせながら、丹誠込めていちごを育成。そのお味は…?

アメリカ大好きなオーナーが手がけるカジュアルテイストな農園。9種類ものトッピングを用意してくれるので、味のかけ合わせをしながらいちごを味わうのが楽しい!

期間/~5月31日※要予約

料金/中学生以上1900円、3歳以上1600円

いちごの品種/章姫

時間/60分

練乳などあり、トッピング持込自由、ハウス内ベビーカー利用可オレゴンファームオレゴン州にある農園をイメージ。アメリカの国旗を目印に オレゴンファーム

TEL/0569-89-2613

住所/常滑市榎戸午新田213

営業時間/9時~16時(15時最終受付)※ナイターは20時まで(最終受付19時)

定休日/なし

アクセス/知多横断道路常滑ICより5分

駐車場/10台

期間/~ 5 月 31 日(要予約)

「オレゴンファーム」の詳細はこちら

2.常滑まち歩き

土管坂陶器の廃材を使った「土管坂」はフォトジェニックな一帯。やきもの散歩道にある 常滑 空へと突き出る大きな煙突は、常滑を代表する風景。映画のロケ地にもなった

焼きもののまちとしての歴史が古く、その昔は煙突の煙のせいでスズメさえも黒かったといわれる常滑。レンガ造りの煙突や、工場として使われていた木造家屋など、歴史のまちを感じさせる風景があちらこちらに。

建物が集まるエリアは「常滑やきもの散歩道」として整備されています。

3.「侘助」でランチ

歴史の染み込む空間で足を止めてホッと一息。

侘助甘味処ながら「土鍋カレーうどん」(950円)も人気のメニュー

やきもの散歩道近くにある甘味処。かつて土管工場として使われていたという木造建物を活かした空間が魅力で、落ち着いた時間を過ごすことができます。ランチにもぜひ。

侘助 サツマイモや栗がゴロンと入った「みのりぜんざい」(900円) 侘助白い暖簾が目印。甘味は種類が多いので、選ぶのも楽しい 侘助(わびすけ)

TEL/0569-34-7169

住所/常滑市栄町3-89

営業時間/11時~17時(16時30分LO)

定休日/火曜

アクセス/知多横断道路常滑ICより5分

駐車場/共同駐車場あり

「侘助」の詳細はこちら

4.「morrina」でお買いもの

作り手の感性を大切に独自の視点でセレクト。

morrina練り込みという技法を使ったマグカップ1800円 常滑で活躍する16名の作家の器を販売。堅苦しく考えず、手で触れて気に入ったものを暮らしに取入れて欲しいというオーナーの思い通り、店内はどこか優しい空間。店に置くのは手づくりの作品のみ。 暮らしに馴染む木製品も扱っています。morrinaシンプルで使いやすい粉引の茶碗2700円morrina薪で焼いた粗野な手触りが魅力の小鉢2160円 morrina 使うほどに育つ淡い色の豆皿1枚1080円
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。