ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ハリー・ポッター』の新刊が今夏に出版へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気脚本家兼劇作家ジャック・ソーンのこれから開幕する舞台公演『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』の脚本が、本の形態でこの7月に出版されると、教育系出版社のスカラスティックが2月10日(現地時間)に発表した。



同公演はロンドンでの上演のみが確定しており、多くのファンは、ハリー・ポッターの次章の物語を堪能する機会を持てないだろう。次章の物語は、幅広い成功をもたらしたシリーズの8作目のストーリーになるとうたわれており、舞台作品の形式となる。ハリー・ポッターの誕生日にあたる7月31日に出版される書籍『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』は、本と電子書籍の形で出版され、幅広い読者が入手可能となる。

舞台『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』は、2部構成で上演される。同舞台は、J・K・ローリング作『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後の設定で、大人になったハリーと彼の息子アルバスの周りでのストーリーが繰り広げられる。ジェイミー・パーカーがハリー役として決定しており、ノーマ・ドゥメズウェニとポール・ソーンリーが、マーハイオニー役とロン役をそれぞれ演じる。

ソーンは、『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』の原作を、ローリングとジョン・ティファニーと共同執筆した。ロンドンでの舞台初日は7月30日(現地時間)となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP