体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多】焼鳥屋なのに牛あり、鍋あり、魚もウマいって、 どげな店かいな?【牛作】

【博多】焼鳥屋なのに牛あり、鍋あり、魚もウマいって、 どげな店かいな?【牛作】

こんちは。

福岡の魅力をお届けするために、日々、町を暗躍(ふらっと徘徊)する地元情報操作員、“地元にメロメロセブン”こと、メシ通レポーターのマツーです。

そんなわけで早速、「エッヘン!」と鼻高々に福岡自慢。

福岡県は全国有数の店舗数を誇る焼鳥王国。

久留米市には及ばないにしろ、福岡市にも町のそこかしこに名店が暖簾を掲げています。

この町の焼鳥屋といえば、サラリーマンのオアシスというだけでなく、ファミリーで夕食を楽しむ場としても活用されていて、焼鳥といいつつも、豚バラや巻物、海鮮類など鶏肉以外のメニューも提供するというのが特徴なんです。なんなら、店の一番人気が豚バラという店も多いんじゃないかと思います。

f:id:mesitsu_lb:20151029125102j:plain

そんな福岡にあって、ここ「牛作」は、ちょいとまた特徴的。

その名の通りうまい和牛を喰わせてくれるうえに、鮮魚を使った本格的な料理まで提供してくれる店なんです。

f:id:mesitsu_lb:20151029125107j:plain

それじゃあ居酒屋なんじゃ!? と思われるかもしれませんが、NONO、この店が焼鳥屋として愛され続ける理由は、串モノのウマさにあり、でございます。

つまり、ネタの良さはもとより、焼鳥屋の真髄である“焼き”に技があるがゆえに、串物メニューがその他のメニューに存在感を奪われることなく、まず第一に「焼鳥がウマい店」、そして「極上の和牛串が名物」、さらにさらに「海鮮メニューも食べたいなんてわがままにも応えてくれる」という順番で、高い評判を得ているわけです。

ということで、いざ潜入調査!

店があるのは、小笹(おざさ)という閑静な住宅街。

通りの角に、THE焼鳥屋たる風貌の店が建っています。

この町に電車の駅はなく、訪れるならばバスかタクシーで。バス停「小笹」で下車するとすぐに交番を見つけることができると思うので、その隣がお店です。

f:id:mesitsu_lb:20151029125120j:plain

ほら、看板を見てやって。

「うまい和牛肉を喰わせる店」と堂々と謳っています。

大将の田中憲滋さんは、肉の卸しをする店が経営する焼鳥屋で修業をしたとあり、肉の目利きは一流。ゆえに和牛をウリに、店をはじめたというわけです。

実はこの店、私も子どもの頃から通っていて、今も昔もこの辺りでは知らない人はいないほどの有名店。地元のスター焼鳥屋なんです。創業以来25年、ホークスの選手や地元の有名人も足しげく通っているそうです。

「ちわ〜ッス」と扉を開けると、まず目に飛び込むのはネタケース。

「これでもか!」と大ぶりにカットされた肉や野菜は、二段ものスペースを使って収納。のっけから気前の良さと、品数の豊富さがうかがえます。

見よ! この大ぶりな牛サガリ。そしてびっくら仰天の助サイズのシイタケに、はみ出し注意報発令中のオクラ巻き。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。