ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つらい更年期障害…でも、治療できる!?

  • ガジェット通信を≫


どんなに健康に気を遣っている人でもいつかは訪れる更年期障害。その程度はさまざまですが、病院などには行かず、ひとりで悩んでいる方も多いようです。

今回はそんな更年期障害の治療法について医師に解説していただきました。

■ 原因は女性ホルモンの減少!

更年期障害は、女性が閉経の前後に来す、様々な身体的・精神的不調の一つです。基本的には女性ホルモンの減少がその原因で、よくみられるおもな症状は以下のとおりです。

・ホットフラッシュ(顔面の紅潮や発汗)

・皮膚の乾燥

・口渇

・抑鬱

更年期障害と気付かれないまま、体調不良として認識されていることもあります。更年期障害を契機に、様々な疾患を発症することもありますので、注意しなければいけません。

■ 更年期障害には投薬治療が効果的

軽度のものであれば、様子観察でも大丈夫ですが、生活に支障を来すほどに重症化した場合には、治療を行うことが必要となります。

基本的には、少なくなった女性ホルモンを補充するホルモン補充療法が主になります。これをすることで、症状の多くが改善しますが、ホルモン補充だけで足りない場合には、その他の症状そのものに焦点を当てた治療(例えば、抗うつ剤や抗不安剤、皮膚塗り薬)などが処方されることもあります。

あるいは、体質改善を狙って漢方薬を投与することもあるようです。漢方薬は何か特定の症状を緩和するというよりは、全体の体質を少しずつ改善し、女性ホルモンが少ない状態に体を慣らしていくという効果を狙っています。

■ 薬を使いたくない場合は?

薬に頼らず、自分自身で対処することもある程度可能です。どういった場面で、ホットフラッシュや発汗、痛みなどが起こるかを覚え、そのような状況を避けるように行動する、いわゆる行動療法が有効です。

あるいは、いろいろな趣味を見つけ、自分の精神的に楽な状況を作ることで、更年期障害の症状を気にしすぎることなく、楽しく生活が送れるかもしれません。

【医師からのアドバス】

男性にはわかりにくい女性特有の更年期障害。女性の悩みを少しでも和らげるため、ぜひ男性もしっかりと理解しておいていただきたいですね。

関連記事リンク(外部サイト)

更年期障害、どのくらいの期間続くの?
「更年期障害」に専門外来の病院が登場!気になるその実態とは?
動悸、肩こり、のぼせ…もしかしたら男性更年期かも?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP