ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実は嫌がっている?意外と知られていない犬のストレス!

  • ガジェット通信を≫

実は嫌がっている?意外と知られていない犬のストレス!

ワンちゃんのカーミングシグナルって?

犬も私たちと同じように、普段の生活の中で感じるストレスがあります。そんなとき、言葉の話せない犬が自分の緊張や不安を和らげようとするボディランゲージをカーミングシグナルといいます。

ついやってしまいがちなアレが犬のストレスの場合も!.

お散歩中に子どもや犬を人が触りに来ることがありますよね。なでている手を犬が何回も見たり、舐めたりしたら実はそれ、「嫌だな、やめて欲しいな」という意思表示のことがあります。

人間だってマッサージで触られて気持ちよければいちいちその手を見ませんし、混雑した人混みで他人と体が触れて不快ならそちらを見ますよね。

さらに犬は、その手をペロペロなめることによって、自分の不快感を穏やかに伝えることがあります。犬が喜んでいるのでなければ、「この子、今疲れているんです。」などと言って他人が触れるのを断るのも、飼い主の役目の一つです。

無理やり挨拶させるのはNG!

犬社会では、顔を見る、視線を合わすことは敵対心を表しています。逆に視線をそらすことは、敵対心のなさや対象物を避けたいという気持ちの表れです。他の犬に会った時、特にその犬が飼い主の好みの犬だった時に、「ほら、かわいいねー、あの子」などと言い、犬同士に挨拶をさせようとする光景をよく見ます。そんな時、犬のどちらかが相手の犬から顔をそむけ、また体ごとそっぽを向いていたら、その犬は相手の犬に挨拶をしたくない、という意味ですので、それ以上犬同士を近づけないようにしましょう。そして、飼い主同士の話も手短にきりあげ、その場を離れるようにしましょう。

体格差やエネルギーレベルの違いなどから、相手の犬に恐怖を感じているのです。「どうしたの?大丈夫だよ。怖くないよ。」と言っても、犬のストレスをなくしてあげることはできません。

カーミングシグナルのその他のサイン

あくびをする、前足で地面をかく、体をブルブルする、などが犬のストレスを表していることがあります。ただ、このような行動は状況によって意味が異なることも多いものです。子犬や幼児性の残る犬は、親しみを表すために人の手を舐めることもありますし、何か気になる臭いがあって地面を引っかくことだってあります。

飼い主さんが、「あれ?どうして今こんなことしたんだろう?」と思ったら、何かストレスになっていることはないか、ちょっと考えてみるといいかもしれませんね。

関連記事リンク(外部サイト)

犬同士のトラブルを解消!犬を多頭飼いする際のポイントは?
飼う前に知っておきたい! 犬種別の特徴とその性格は?
吠え方でわかる?犬はどんなことを考えているの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。