体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、ZTE製「008Z」向けのソフトウェアアップデートの配信を開始

ソフトバンクモバイルは9月5日、ZTE製Androidスマートフォン「008Z」向けのソフトウェアアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートでSSIDを表示しないステルス設定の無線LANアクセスポイントに自動接続できるようになるそうです。端末には予めアクセスポイントのSSIDを登録しておく必要があります。アップデートにはこれ以外の変更も含まれているとのこと。アップデートはネットワーク経由(3G/Wi-Fi)で配信されており、端末の「便利機能」→「ソフトウェア更新」→「Wi-Fi」または「3G」を選択→「確定」で更新ファイルをダウンロードすることができます。なお、アップデート後のソフトウェアバージョンは「008Z_18.0」になります。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
日本通信、1GBを3,100円で使える新SIM製品を9月10日に発売
ソニーが動画トリミングアプリ「Video Trimmer」を公開
ソフトバンク、「SoftBank 007SH KT」の予約受付を開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。