ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬の皮膚トラブル、多発の膿皮症(のうひしょう)に要注意!

  • ガジェット通信を≫

体調が悪いとなりやすい、膿皮症の原因は? 

ワンちゃんが痒そう、毛をかき分けたら湿疹が出ている、なでるとブツブツしている……気づいたらそれらが酷いことになってた、なんてことはないですか?

細菌を原因とし、膿を持つ皮膚炎を膿皮症(のうひしょう)と呼びます。 原因となる細菌はブドウ球菌など身近に存在する細菌で、健康な状態では発症しにくい病気です。 何らかの原因で皮膚が傷ついたり強い刺激後や健康状態が悪い時などに発症すること多いですが、不潔な環境で身体が汚れた状態が長く続くことによって発症したりします。また、アレルギー性皮膚炎やアカラス症(ニキビダニ症)など、他の病気が引き金となって、二次的に発症することもあります。皮膚に合わない成分のシャンプーの使用、過度のシャンプーなどが原因になることもあります。

犬種によってなりやすい症状が違う。種類と症状は?

膿皮症は、細菌感染の深さや程度、細菌の種類などによって、以下の4種類に分かれ、それぞれ症状が異なります。

1.浅在性(子犬に多い)

2.表在性(夏場に多い)

3.皺壁性(短頭種に多い)

4.深在性(ジャーマン・シェパードに多い)

おもな症状として、発赤や脱毛、発疹(ブツブツ)、膿疱、かさぶたが見られます。また、細菌の感染が深部に及んだ場合には、腫れや痛み、発熱が見られることがあり、顔や腋、股や指の間などによく現れます。

免疫力の低い幼犬や免疫力の低下した老犬にも発症しやすいので、特に幼犬や老犬の生活環境は常に清潔に心がけましょう。 炎症が起こると痒みがあり、違和感から舐めたり掻いたりします。

膿皮症に気がついたらすぐに治療を!

痒みなどで引っ掻いてしまうと症状が悪化するため、「膿皮症かも?」と思ったら、早めに獣医を受診するようにしましょう。症状が軽い場合は薬浴で治りますが、原因である細菌に合わせた抗生物質の投与、薬用シャンプーによる洗浄が基本となります。膿皮症を予防するには、飼育環境を清潔にする、食事・栄養に気をつける、シャンプーの成分や回数に注意するなど、日頃から皮膚の健康に気をつけることが大切です。

関連記事リンク(外部サイト)

犬のアレルギー性皮膚炎、その治療法は?
ワンちゃんにも発症する「エリテマトーデス(紅斑性狼瘡)」ってどんな病気?
知っておきたい、メス犬特有の「子宮蓄膿症」について

Doctors me
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP