体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった

時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾燥機が回る間、暇をつぶす方法に頭を悩ませたこともあるはず。

ここに紹介するのは、米西海岸ポートランドのコインランドリーのお話。全米一人と環境に優しい街ならではの工夫がありました。

洗濯中はカフェでまったり。
クラフトビールも楽しめる!

コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった

まずは、これらの写真を見てどう思います?一見すればカフェそのもの。ソファやテーブル席で、利用者たちは思い思いにくつろぎ時間を過ごしています。そうそう、無料のWi-Fiだって使えるんです。でも、これがポートランドスタイルのコインランドリー。写真のなかの人々の、一番の目的は「洗濯」をすること。いや、もしかしたらそれすらも目的ではないのかも。

日本のコインランドリーは、どちらかといえば生活感がどっと出た作業場的な印象があるかもしれません。だって、目的は衣類を洗濯することにある訳だから。

では、もう一度ポートランドのそれを見てください。ノートPCを開いたり、カップルで談笑したり、目的の洗濯をしている間もこの空間を有効利用することができる。そこに大きな差が生まれていることが、たった2枚の写真から読み取れるのでは?

コミュニティの場として
機能するランドリーを

コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった

2014年3月にオープンした「Spin Laundry Lounge(Spin)」は洗えて、飲めて、くつろげる、環境にやさしくソーシャルなランドリーです。彼女がオーナーのモーガン・ゲイリーさん。大学生時代にこのランドリーをコミュニティの場とするアイデアを思いつき、いまの時代に即した環境に負担をかけず、持続可能なコインランドリーのあり方を研究したんだそう。

卒業後に念願叶ってオープンしたこの場所、低エネルギーで環境に優しく、かつ人々が気軽に集えるソーシャルコミュニティ空間として、まったく新しいコンセプトでランドリーの価値を提供しています。この、環境への配慮が、いかにもポートランドらしいところ。

テーマは
「持続性」と「コミュニティ」

コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった

天井が高く、四方に窓を配した明るく開放的な空間。日本のコインランドリーとは、当然規模が違いますが、中身も一味違います。

コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会